お嫁さまへの道

57 挙式当日

「お嫁さまへの道」第57話。いよいよ挙式当日の話になりました。 挙式当日、目覚めたら雨があがっていました。 一番遅い時間帯の挙式だったので、準備は午後から。午前中は比較的ゆっくりできました。母が「心付けのことを忘れてた!」とバタバタしてました…

56 挙式前日

長く続いた「お嫁さまへの道」あと2回の予定。今回は、第56話。挙式前日のお話です。 当時、妊娠初期だったため、挙式直前に身体のトラブルがあって、冷や冷やしました。最悪、入院でキャンセルもあるかも?と思いましたもの。なんとか乗り切れたようで、挙…

55 少しこだわったもの

ぼんやりしていたら、下書きのままアップするのを失念していたエントリが。。早く「お嫁さまへの道」も完結させないと、赤ちゃんが産まれちゃう。。と言う訳で、再び「お嫁さまへの道」 今回は第55話。 なるべくシンプルに行いたかった披露宴ですが、少しこ…

54 小物準備

「お嫁さまへの道」第54話。 結婚式の時に、ウェルカム・アイテムなどを作って飾るっていう習慣は、いつできたのでしょう。ゼクシィでは、しょっちゅう特集があるし、今や、式場でも当たり前のように言われるみたいです。 私は、ウェルカム・アイテムとリン…

53 余興準備

「お嫁さまへの道」、今回は第53話。 準備は着々と進みます。挙式、披露宴共に、極力シンプルにやりたいと思っていました。いろいろと演出プランがありますが、全部断りました。 一つだけやりたいと思っていたのは、サプライズでダンナ氏が聴きたいと言って…

52 お祝い

暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが、雨が降って暑さが和らいで、ホッとする今日この頃です。これで、夏バテしまくってる身体が少しずつ回復していけば。。と思う今日この頃です。では、引き続き「お嫁さまへの道」、今回は第52話。時系列では前後するんです…

51 新居への引っ越し

「お嫁さまへの道」第51話。 新居へは、結婚式前に引っ越しをしました。5月中に新たに購入した家具や家電、カーテンの搬入は終わらせ、電気、ガス、水道等も開通させてありました。 ダンナ氏は賃貸なので、5月末で契約を終わらせて荷物を移動してきました。…

50 新婚旅行先を決める

「お嫁さまへの道」第50話。 なっがいシリーズになったなぁ。もう挙式に近いから、60話にもならないと思うのですけど、どうなりますやら。 当初、新婚旅行は海外旅行が初めてのダンナ氏の行きたい場所へ、ということで、ドイツを検討していました。でも、妊…

49 打ち合わせ、打ち合わせ その2

「お嫁さまへの道」第49話。前のエントリでは式場との打ち合わせについて書きましたが、それ以外にも、打ち合わせはあります。今回は、そのお話。 まずは、レンタル衣装屋さんとの打合せ。洋装、和装で着るものは決まってましたが、それに合わす小物類の打ち…

48 打ち合わせ、打ち合わせ

話はまた「お嫁さまへの道」に戻り、今回は第48話。 結婚式の打ち合わせは、担当者決定後の初回、司会者、挙式1ヶ月前、挙式1週間前の計4回が必須なんですが、決めきれずに何度も足を運ぶことになりました。これでもブライダルフェアで頑張って方向性を決め…

47 ウェディング用インナーを買いに

とりあえず、一連の話はひとまとめにアップしてみよう。という訳で、「お嫁さまへの道」第47話。 お色直しの洋装がめでたく決まったところで、ドレス用の下着は、ずっとお世話になっている下着屋さんにお願いしました。レンタル屋さんにお願いすることもでき…

46 衣装打ち合わせ

「お嫁さまへの道」第46話 結婚式の準備は、3月頭の衣装合わせから始まり、和装は決まっていましたが、お色直しの洋装は5月に入っても決まっていませんでした。妊娠して、つわりが始まって、衣装打ち合わせを行ってる状況ではなかった、というのもあるのです…

45 ブライダルフェア

また唐突に「お嫁さまへの道」に戻ります。今回は第45話。 5月のゴールデンウィーク中に、ダンナ氏の両親と一緒にホテルのブライダルフェアに参加。一般向けではなく、挙式申し込みをした人たちだけのフェアです。 午前中に、フェアとは別で、挙式当日の司会…

44 新居準備

おもむろに「お嫁さまへの道」に戻ります。これから妊娠した話と平行していきますが、今回は第44話。 新居に住めるように必需品の買い物など、準備を進めていかないといけない時期に妊娠判明し、つわりで動けなくなった私。ダンナ氏は、平日仕事で夜も遅くに…

43 打ち合わせ+ダンナ氏実家訪問

「お嫁さまへの道」第43話。やっと?4月の話に入ります。結婚式まで2か月半。先が長いなー。 4月第二週目の日曜日。朝10時からホテルで挙式で使うお花と写真の打ち合わせ。お花も来客テーブル、高砂、ウェディングケーキ、などなど、いちいち決めます。プラ…

42 母の誕生日会

「お嫁さまへの道」第42話。時系列的には先のエントリと前後してしまうことに気づきましたが、カッチリ時系列でアップしてるわけでもないから、ま、いいか。 実家では、家族の誕生日は皆が集まって、当人の好きなお店で食事をするという習わしがあります。3…

41 ダンナ氏衣装打ち合わせ

「お嫁さまへの道」第41話。今回は、結婚式関連のお話。 ダンナ氏の衣装打ち合わせには、私もつきあいました。ダンナ氏のお父さんも、モーニングを借りることになっていたので、ダンナ氏の両親も一緒でした。 2日ほど前に実家に帰った時に風邪をひいてしまい…

40 新居探し3

「お嫁さまへの道」第40話。新居探しの話の続きです。 ダンナ氏と一緒にマンションを内覧した後、私の両親と再度内覧。両親も、ここで良いんじゃない?ということで、間取りを2LDKと3LDKのどちらかに決めて契約することになりました。 2LDKも3LDKも、全体の…

39 打ち合わせ+内覧+試食会

「お嫁さまへの道」第39話。 ダンナ氏は、日曜日しか休みがないため、毎週日曜日は打ち合わせなど、何らかの用事をこなす必要がありました。私が一人で大丈夫なものは、できる限り一人でやりましたが、ダンナ氏が、いっちょかみしたい人だったこともあり、毎…

38 新居探し2

「お嫁さまへの道」第38話。新居探しの続きです。 近所の分譲中のマンションのモデルルームを見学して、現地内覧もしてみたくなったので、予約の上、内覧しにいきました。 内覧までに両親に話だけしておきました。一生住むかどうかは別として、資産価値があ…

37 新居探し

「お嫁さまへの道」第37話。結婚式の準備も大切ですが、新生活に向けた準備も急がなくてはいけません。結納が終わって、ホッとしている暇なく、新居探しを開始しました。 分譲マンションに住んでいることもあり、賃貸で住むことはあまり考えていませんでした…

36 第一回衣装打ち合わせ

「お嫁さまへの道」第36話。会社も辞めて、本格的な結婚準備が始まります。 最終出社日の翌日、さっそく結婚式の衣装打ち合わせ。ブライダルサロンの人に、衣装は一回では決まらないから早く始めてくださいと急かされてたけど、最終出社日を過ぎない時間がと…

35 退職

「お嫁さまへの道」第35話。 結納が終わった直後、表向きは「結婚を機に」会社を退職しました。(本当はそうじゃないけど、ちょうど結婚することになったので、寿退社ってことになった。)有給消化があったので、書類上の退職は4月後半ですが、最終出社日は2…

34 結納

「お嫁さまへの道」第34話。 結納は、2月最後の日曜日にしました。 当日の朝、母の友人が振り袖の着付けをしに家まで来てくれました。人生最後の振り袖です。結婚式で振り袖を着たいと言ったら母から却下されて、着たいなら結納で、ということでしたので、結…

33 実家にて

思い出したように「お嫁さまへの道」を再開します。前に書いたのが4月後半か。。書いてない間に結婚して、現在は「お嫁さま」から「奥様」になってしまいましたが。 2月の婚前旅行までアップしたんですね。というわけで、その後のお話を。第33話ですね。その…

32 人はそれを婚前旅行と呼ぶ

「お嫁さまへの道」第32話。タイトルがなんですが、そのまんまです。 2月の連休(土日休みの人には普通の週末でしたが)にダンナ氏と出雲旅行に行きました。ちょうど出会って2ヶ月記念日。 この旅行を決めたのはお正月に会った時。まだ4回しか会ってなかった…

31 式場探し(その2)

「お嫁さまへの道」第31話。この頃から、ダンナ氏とは会ってもデートじゃなくて結婚準備のための用事ばかりになります。 某神社での結婚式にNGが出たため、仮予約してましたが、キャンセルして式場探しをすることになりました。それから、結納でもらう婚約指…

30 困惑

「お嫁さまへの道」第30話。家族と離れて暮らしているので、結婚準備をうまく進めるのは至難の業となってます。お互いの思惑が離れていると通じにくいし、両親が欲しがっている情報をちゃんと渡せていなかったり、こちらの準備不足や認識不足も多々あり、苦…

29 式場探し(その1)

「お嫁さまへの道」第29話。 結婚に向けて、具体的に動き出します。両家顔合わせの時点で、ダンナ氏と出会って1ヶ月半。お互いがどういう人か、ということを知りつつある段階。まだまだ初々しい状態で、結婚すると決まっても、年内にできたらな。。という意…

28 両家顔合わせ

「お嫁さまへの道」第28話。 1月最後の日曜日に両家顔合わせをしました。この頃は、結婚するということに対して、まだ自覚が本当になかったです。(まだ出会って1ヶ月ちょいですからね。)本来なら、前日に実家に帰るなりしておくべきだったのですが、当時…

27 二度目の京都 その2

「お嫁さまへの道」第27話。思い出したかのように再開。ダンナ氏と今年二度目の京都に行った話の続きです。 仲人さんとの打合せが終わり、じゃ、京都に向かいましょう、ということになって初めて本日の予定をダンナ氏に連絡。飲み会が男ばっかりであることも…

26 二度目の京都 その1

「お嫁さまへの道」第26話。時系列から外れたエントリが挟まったので、これは24話の続き。仲人さんと天王寺で打合せした後は、ダンナ氏と京都へ。初詣に引き続き2回目。 この京都行きは、ハモソ飲み会。前夜に「明日、京都で飲むけど時間があったら来るかい…

25 妹たちへの報告

風邪がなかなか治りません(><)幸い頑張って仕事する必要がないので、ひたすら寝てます。これまで無茶しすぎたんですね。。 引き続き「お嫁さまへの道」第25話。時系列で書いてきたつもりですが、ちょっと時期がずれているので、思い出しながら書いてると…

24 仲人さんと打合せ

相変わらず、風邪で日がな臥せっております。。この風邪が治れば、3月の休養モードから抜けるのでは?と思ってるので、無理せず寝てます。風邪は、身体のメンテナンスをするって言いますからね。 で、「お嫁さまへの道」第24話。大汗流した報告から2週間後、…

23 本人連れてこい

今週末の春コンの練習は、やっと最初から最後まで参加できるはずだったのに、譜面も全部出しなおしたのに、出力も全部したのに、準備万端やったのに、実家に帰っている間に風邪をひいて倒れてしまいました。。日曜日の打合せ前の準備に影響が出てしまったの…

22 誤算?

「お嫁さまへの道」第22話 おうちごはんで来てもらった日は当然、ご飯を食べたら帰ってもらうつもりでおりました。でも、ダンナ氏はそんなつもり、さらっさらなく、最初から泊まるつもりでおったそうです。だから私が家に来ていいよ、と言った時、狂喜乱舞し…

21 おうちごはん

「お嫁さまへの道」第21話。 正式に結婚すると決まった時、出会ってやっと1ヶ月を迎えようという時期で、まだ5回会っただけ、という状況でした。その頃、相変わらずダンナ氏は仕事が非常に忙しく、メールによると帰宅は遅いし、まともな食事があまりとれてい…

20 大汗流した電話

相変わらず、突発的にいろんな用事が発生するので、バタバタ~、バタバタ~、としております。気が抜けてしまいそうですが、「お嫁さまへの道」第20話。 母に報告の電話をした後、続けて仲人さんに電話。「結婚すると決めました」と報告したら、「おめでとう…

19 あっけない報告

「お嫁さまへの道」第19話。ひとつ前のエントリの翌日の話です。 ダンナ氏の友人たちと会った翌日、さっそく実家に電話し、電話に出た母に、ダンナ氏が挨拶に行きたいと言ってると伝えました。 伝える瞬間、なんか緊張したような、しなかったような。でも、…

18 高校時代の友人たち

「お嫁さまへの道」第18話。またちょっと展開します。 「結婚するならこの人」という決定打がないものの「この人で間違いない」と思うことは、現在進行形で積み重ねています。今回は、ちょっと感動してウルっとした時の話。 お正月が終わって会社が始まった…

17 新年会

「お嫁さまへの道」第17話。一つ前のエントリのタイトルを自分でつけたくせに「16分音符」と読み違えて焦った私です。はい、現在、春コンの曲書きに追われています。日がなPCの前に座っているので、会社に行ってないけど生活は変わりありません。 既出ではあ…

16 符号

「お嫁さまへの道」第16話。相変わらず「結婚するならこの人!」という決め手がないものの、たったの2週間、3回目に会った時に結婚の約束をしてしまった訳ですが、「この人で間違いない」と思わせることは多々発生しています。 最初に会った時に気づいた赤い…

15 初詣

久しぶりに「お嫁さまへの道」再開、と。お正月って2か月前の話だけど、遠い遠い昔のよう。。 お正月は、風邪までいかずとも、ずっと体調不良でした。日頃の疲れが出たんですね。でも、2日はダンナ氏と会う約束をしていたので気合いで出かけました。 私は住…

14 親戚たちと(その2)

「お嫁さまへの道」第14話 お正月の話が続きます。毎年元日は恒例で初詣に出かける場所があるのですが、なんとなく調子が悪かった私はパス。その代り、妹夫婦がやってきた時に、母方の親戚宅へのあいさつに便乗。毎年2日に出かけるのですが、2日はダンナ氏と…

13 親戚たちと(その1)

「お嫁さまへの道」 第13話。やっと今年に入ります。でも、まだ出会ってから1ヶ月経ってないですよ。 かれこれ10年くらい「早く結婚しなさい」プレッシャーに耐えてきた私にとって、2012年のお正月は非常に穏やかなものになりました。正式ではないにしても、…

閑話

「お嫁さまへの道」を時系列にアップしてきましたが、ちょっと休憩というか、時系列を外します。出会ってやっと丸2ヶ月経ったところなのですが、自分の生活が一変してしまいました。いや、まだまだ変化の途中です。 そういや、バレンタインデーですね。この…

12 プチ カミングアウト

「お嫁さまへの道」第12話。クライマックス後のちょっとした休憩みたいなエントリ。 クリスマスの晩、結婚への意思確認をお互いにしたものの、口約束みたいなものだから、それ以上は特に何もありませんでした。両親にも友達にも報告はしませんでした。でも、…

11 意思確認

「お嫁さまへの道」第11話。最初のクライマックス、かな? 疲れ果ててベッドに倒れこんだが最後で、何もしないで過ぎ去ったクリスマス・イブの翌日は、クリスマス。この日も延々とダンナ氏からの連絡待ち。掃除をしたり、年賀状作成しながら待っておりました…

10 クリスマス・イブ

「お嫁さまへの道」第10話。二桁台に入りました。ちなみにこのシリーズは、まとめて書いて、予約更新してます。毎日書いてるわけではありませんよ。 最初のお見合いから3回目の週末は、クリスマスを含む三連休。ダンナ氏の仕事が究極に忙しい時でした。普通…

9 モーニング・コールならぬモーニング・メール

「お嫁さまへの道」第9話 ダンナ氏と結婚しようと思った決め手は、私には未だにありません。でも、ダンナ氏には「結婚するなら私しかいない」と思った瞬間があったんだそうで、今回は、その話。 2回目に会ってから、メールを毎日1通はやりとりするようになり…