読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このオンナ、後ろ向きにて

クリスマスだけど、クリスマス・ソングじゃなくて「My Funny Valentine」を延々と聴いている聖夜。(だって、この日曜日に演奏するんだもん。) 今年のクリスマス・イブは、もちろん仕事!仕事の後の予定もなし!クリスマスなんて気分になれるもんか、みたい…

あなたじゃない

ここ最近のお話。 いきなりだけど、こっから先は「続きを読む」設定にします。

屈折と劣等感な14回目

先日、久しぶりにお見合いをした。通算14回(!)のお見合いであった。(そういえば、去年やった13回目のお見合いの話はアップしなかったな。。)これまでお見合いがイヤでイヤで仕方なかったけれど、もう、そんなことは言ってはおれないというか、お見合い…

瀬戸の花嫁にはならない Again

それは、お盆で家にいた為に、常日頃ならとらない自宅の電話に出てしまったことに端を発する。子どもの頃から知っていて、これまでに何度もお世話になったお見合いおばさんからの電話だった。私を母と勘違いしたようで「上のお嬢さん、まだ家にいてはりまっ…

新たなお見合いおばさん

去年は6回もお見合いをしたのに、今年に入った途端、パッタリと縁談が途絶えておりました。会社の新年会で「今年は結婚する」という抱負を語ったにも関わらずなーんの進捗もなく、むしろ後退しているかもしれないという体たらく。私自身、仕事に追われて時間…

疲労困憊の12回目

去年やった通算12回目のお見合いの話です。うっかり某所で読んでしまった人には、あぁ、あの話。。なんですが。こんなことを書いてたのか、と、読み返しながら感心しておった私。blog書く気が起こらない時の蔵出しエントリってやつね。それでも、多少は手を…

40代・・似

去年はお見合いを6回もやったけど、今年に入ってからは今のところ0回。縁談が全然ないわけでもないようなんですけどね。12回目のお見合いを断った直後に一つ縁談がありまして、本当は見たくもないけど見ないわけにもいかず、不承不承、釣書と写真の入った封…

瀬戸の花嫁にはならない

会社の新年会で相手も決まってないのに「今年は結婚する」宣言をして社内に激震を起こしたワタクシなんですが、実は新年早々、しかも新年会の前日に見合いを1件破談にしておりました。去年から引きずってきた話なんですけどね。私が去年やった見合いの数を聞…

今年の「6回」

この「6回」って何の数字かっていうと、今年やったお見合いの数。6回じゃなくて6件かな。単純計算すると2ヶ月に1件はこなしてたことになりますな。今年の頭に7回目があって、先月半ばに12回目ですか。ここにはまだ11回目と12回目の話は書いてないんで、いつ…

10回目の同情

強力なお見合いおばさんが「次の見合いを」と言ってきてるから前の見合いは終わったらしい。てな訳で、10回目の見合いの話を少し。またまた話は突然で、写真も釣書も見せてもらうことなく、勝手に日取りが決まっておりました。私はブチブチ〜っと頭にきてい…

.. can not be helped

電話はあまり好きじゃない。特に電話をかけるのは嫌いの部類に入るかもね。私の前職を知る人は、私が電話嫌いだなんて信じられないかも。コールセンター勤務だったからね。基本がインバウンドだったし、苦手を克服しようと思ってやってた。電話で話をするの…

9回目の言い訳(後編)

9回目のお見合いの続きです。勝手に日取りが決められ、会う前に断ることが不可能な為、釣書を見て相手のことを知って、更に会う気が失せると辛いので、写真も名前も経歴も一切見ることなくお見合いの場に臨んだ私。お見合いそのものは何かとりたてて変わった…

9回目の言い訳(前編)

ケリがついてからずいぶん時間が過ぎて、ほとぼりもさめたことですし、9回目のお見合いの話をしようかと思います。 何度も書いてるけど、このblogを始めたのは、お見合いの顛末を書くのがキッカケでしたから。 この9回目のお見合いは、私の意思に反してなか…

Bad Communication

会社に行くのに家を出ようとした時のこと。「次に会う約束したの?」「・・・また電話かけてくるって言ってはったけど。。」「どうするの?」「テンポが違いすぎて、一緒にいるとイライラすんねん。」「そんな感想、言ってこないから!」「・・・断ってもら…

8回目のxxx

1ヶ月以上たってほとぼりもさめた頃ですので、気持ちの整理含めてゴールデンウィークにやったお見合いの話を書こうかと思います。そもそも、このblogを始めたのは何度も書いた通り、お見合いの顛末を書くのがキッカケでしたから。ゴールデンウィーク中は2件…

公開お返事

一つ前のエントリのコメントで質問をいただきましたんで、この場を借りて公開お返事を。「なぜ、見合いが断れないのか?」 去年、来る見合い来る見合い、ぜーんぶ断ったよ。片手じゃ数え切れないくらい。37歳歯科医を断った時、実際に何て言われたか知らない…

勝手に決めるな

今回のゴールデンウィークは、見合いに始まり見合いに終わりそうな気配。1人は親戚筋からのお話で、イヤだったら無理しなくても、と言ってはもらっていたが、無言の圧力に耐えかねて了承。Over 40だったと思うけど、(見たら会う気が失せるので写真も釣書も…

お金持ち、か

先日の強力なお見合いおばさんが、ゴールデンウィーク中に帰省する男性との見合い話を持ってきたらしい。 女性の容姿を重視する方だそうで、それを理由にこれまで数多くの縁談を断ってきたらしい。その方の家族がお見合いおばさんに、私がどんな家に住んでい…

見合いおばさんがやってきた

強力な見合いおばさんが我が家にやってきた。彼女がやってくると聞いて「こっちに何か用事があってついでなの?」と尋ねたら、わざわざやってくるとのこと。おばさんは、やってくるなり前の見合いを先方が断ってきたので、そのお詫び。先方が私のどこがお気…

おきれいな方

先だっての強力なお見合いおばさんから、新たな釣書が送られてきた。手紙に、先日は申し訳ありませんでした、とお詫びのメッセージがあった。そして、今度の人は前回と違って問題はない、と。今度はどんな人かと恐る恐る開封してみたら、ROLLYと同じ歳の男性…

同僚と

ストレスが強い環境にいると、「酒を呑まずしてやっておれるか」になる場合が多い気がするけれど、私の場合「酒を呑んでやっておれるか」になってる。お酒を飲んで酔いがまわったら、日頃自分を律している部分が崩れて本音の感情が出てくるから。そこから背…

件のお見合いのこと。その3

今回で件のお見合いの話はおしまいです。前のエントリから続きます。最初は単純に「この人とつきあうなんて絶対にイヤだ」と思っていたけれど、お見合いだからイヤだと思ってるんじゃないか、何回か会ったら、見合い相手の良い部分も見えてきて好きになれる…

件のお見合いのこと。その2

前回に引き続き、お見合いの話です。「とにかく終わった」と気を取り直して夕食の席についた時、電話がかかってきた。それは本日の仲人からの電話だった。普段、私が直接仲人と本日の結果について話すことはないけど、直接話したいと言われたので電話に出た…

件のお見合いのこと。

やっぱり、この前のお見合いのことをちょっと書こうと思いました。ケリはつきましたので、気持ちの整理も含めて。このblogを始めたのもお見合いの顛末を書くのがキッカケだったし。1回で書こうかと思ったけど、話の長い私のこと、やっぱり1回じゃ無理でした…

断れなんだ・・

母がブルーな声で一言「あのお見合いな、来週の日曜に大阪に来はるねんて。」「大阪に来るって、たまたま?それとも今回のためにわざわざ?」と尋ねたら「今回のためにわざわざ。もう断られへんから。」だって。母も来週は用事があって都合が悪かったけれど…

また東京

前回、昭和34年生まれの男性の釣書を寄こしてきたお見合いおばさんから新たな男性の釣書が届いた。今回は2歳年上だった。次男坊なんだそうな。相続は済ませてます、だなんて実家は財産家なんですかね。わたしゃ、その辺り全然興味ないっすよ。気になったのが…

さんじゅうよねん

連休中のある夕方、自宅で電話が鳴りました。とってみると、お見合いおばさんの一人からでした。私が当人だと知ると、「お嬢さんにご紹介したい男性の写真と釣書を送りましたよ」とのこと。「写真映りがなんですし、年齢のこともあるけど気軽に会ってみて下…

写真

今朝、出かけようとしたら母に呼び止められた。私の写真、しかもがバストアップと全身の2種類が必要だというのだ。オーディションに送る写真なんかじゃない。何に使う写真か尋ねるなんて、愚問中の愚問だ。「ひきつった顔してないで笑え」母はカメラを構えて…

ぽしゃった

昨日の見合い話の続き。。今朝、母が「あの東京の人、どうする?」と尋ねてきた。昨晩、私が思わず「お、年下やん」と嬉しそうな声を出してしまったのを察知していたらしい。「どうするって、東京やんか。どないせぇ、ゆうねん。」「だから、見合いになるか…

再発

またまた見合い話が再発した。「アンタにお見合いの話が来てるんやけど、アンタ、昨日ヘロヘロになって帰ってきたから、よー話せんかったわ。」と母が言ってきたので、私はいつものごとく無表情で「あ、そ。。。」と返事をした。私が、はかばかしくない表情…

見合いはキャンセル

見合い話が3件も持ち込まれた話を前に書いたけど、あの話は断ってもらえることになりました。三択で選べ、と言われたなら仕方なく選んだでしょうが、そうでなければ会いたいと思う人はいなかったのです。これまでの「おみぃくん」とはちょっと違う感じの人が…

見合話再発

このblogを始めたのは、自分の見合い話をネタにしてやる、というのがキッカケだったのですが、そのキッカケの見合い以降、私には見合い話が来なくなりました。見合いをする気がまったくないから、それはありがたかったのですが、母があちこちでお願いしまく…

お見合いで出会った人

あれは、母親に拉致られながら行ったお見合いで出会った男性の一人。見合いがあることは分かっていても行きたくなくて、けったくそワルぅ〜と、相手の写真も釣書も一切見なかった私。母も心得ていて?待ち合わせのホテルの喫茶室の前で「今日会う人は、XXさ…

はじめてのお見合い(その6)

「今度は私がシカゴに遊びに行きます」の約束通り、次は私からシカゴに遊びに行きました。結局、2回シカゴで会ったのかな。会うたびにいつも楽しく過ごしたけど、お見合いという点ではうまくいきませんでした。この出会いが見合いでなければ。。。と何度思っ…

初めてのお見合い(その5)

お見合いの当日は、それこそ心臓が飛び出るか、という思いをしました。空港の到着ゲートのベンチで、落ち着きなく座って飛行機到着を待ちました。飛行機が到着し、乗客が出てきた時、すぐに彼が分かりました。彼も私のことをすぐに分かったようでした。会っ…

初めてのお見合い(その4)

お互いに釣書がなぜか到着しておらず、互いの写真も見たことがなかったので、どうやってお互いを認識するか?というのが問題になりました。アメリカの国内線のゲートで会うことにしたので、日本人はそう大勢搭乗しているとは思えないのですが、お互いに認識…

初めてのお見合い(その3)

自分たちの意志不在で決まった見合いとて、決まってしまったものは仕方ない。日本だと親なりが娘、もしくは息子を会場まで拉致っていくことも可能だけど、ここはアメリカ。両親も仲人不在で自分たちで会う日取りも決めることになった。今考えたら、よく二人…

初めてのお見合い(その2)

両家の母親が自分の息子、娘達の見合い話を進めていた頃、両家からお互いの釣書が海を渡っていた。通常、1週間とかからず日本から私の住むカリフォルニアには到着したのに、なぜかその時は異常に時間がかかったのである。釣書が到着したはずなのに連絡をして…

初めてのお見合い(その1)

最近の見合いでは悪態をつきたおしている私でもお見合いに対して初々しい時がありました。そう、それは初めてのお見合いの時のとことです。「一番最初の見合いで会う人が一番良い」と一般的にいわれます。私もそうでした。周りに聞いても、見合い経験者はた…

見合いの顛末(最低な後日談)

とりあえず、彼氏には見合いのことを報告した。いつものことながら「僕も見合いをしてみたい」などと言い出す。「見合い」は本気で結婚をしたい人たちのものであり、釣書で家族のことや自分の学歴、職歴など個人情報を書かないといけないし、紹介してもらえ…

見合いの顛末(その9)

これまでの見合いでは、家の帰るなり「今日の見合いは断っといて!!!」と、絶叫することがほとんどだったのだけど、今回は口にするのも面倒だった。夕ご飯も食べずに帰ってきたんだから察してよ、みたいな。夕ご飯の後、テレビを見て寛いでいた時、自宅の電話…

見合いの顛末(その8)

帰り道が地下鉄で途中まで一緒だったのだけど、何度となく途中で「やっぱり一杯していかない?」というようなことを見合い相手は言ってきたけど、「今日はちょっと疲れてるから」と却下。後もう少しで終わると思いながら地下鉄に乗るやいなや、見合い相手が…

見合いの顛末(その7)

映画が終わるとちょうど夜の7時。街は夕暮れで、少しずつネオンがつき始めていた。夕ご飯を誘ってくるやろなーって思ってた。その裏で、どうやってまいて帰ろうかなって考えてた。案の定、「一杯どうですか?」と誘ってきた。ここで、見た映画の話題で盛り上…

見合いの顛末(その6)

「Kill Bill Vol.2を見たいんですけど、Kill Bill Vol.1は見ましたか」「いや、見てないよ。」「Vol.2はVol.1ほど流血シーンは無いらしいけど、エグイにはエグイと思うのですけど、大丈夫ですか?」「(君が)見たいんだったら良いよ」。。というような会話…

見合いの顛末(その5)

二人きりになったら、まず相手がリードできるタイプかどうかを見る。どうやら、何も考えてきていないようだった。いろんな店を知っている風情ではない。それに予想通り車に乗ってきてなかった。それを聞いてほっとする。お互いにお昼ご飯を食べていないこと…

見合いの顛末(その4)

喫茶室に入ると、初めにいつも相手の男性を後ろ姿から見ることになる。一番、ドキドキする瞬間。とりあえず、今回のお相手の頭は薄くなりかけてなかった。喫茶室で相手の向かいに座る時は、いつものことながら顔を上げられない。お見合いおばさんがお互いを…

見合いの顛末(その3)

で、お見合い当日。。午前中はいつも通りお稽古ごと。お稽古ごとに、スーツを着ていくのもなんだか恥ずかしいのだけど、会社に行くような格好をしてみた。私の会社はスーツ着用ではなく、カジュアルなので出張でもしない限り、着ることがないから世間一般か…

見合いの顛末(その2)

見合いはこれが初めてじゃない。よく考えたら今回で見合いの回数は片手で数えられなくなった。私に見合いを持ってくるのは、大半が「お見合いおばさん」と言われる人たちだ。私の母もいわゆる「お見合いおばさん」と言われる類の人なのだけど、今回の「お見…

見合いの顛末(その1)

31歳パラサイトシングル。転職して2年目、仕事に追われつつもやりがいがある今日この頃。交際5年目の彼氏あり。5年のうち親に反対され別れたことにしてつきあっている期間が3年。更に遠距離になって1年半。1ヶ月に1回は会いに行くなり、来るなりしようとして…