映画

自虐の詩

なんばパークスシネマにて「自虐の詩」を観てまいりました。舞台が大阪というのと、あのちゃぶ台返しと、パンチパーマの阿部ちゃんと「嫌われ松子の一生」から薄幸な女性も似合うようになった中谷美紀が観たかった理由です。最初はちゃぶ台返しとか不幸っぷ…

エディット・ピアフ

雨の月曜日の晩、敷島シネポップで「エディット・ピアフ 愛の賛歌」を見てまいりました。ハハが、シャンソンをたしなんでいるうち、時々ステージでも歌うような歌手(!)になってしまったため、シャンソンは受動的に聴いております。先だっても、ハハが出演…

ヘアスプレー

なんばパークスシネマで「ヘアスプレー」を見てきました。ブロードウェーのミュージカルを映画化したものなので、歌と踊り満載で、見ていてハッピーになれる映画ですね。でも、舞台が60年代のバルチモアなので、単純な歌と踊りの青春ミュージカルじゃなくて…

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

なんばパークスシネマで「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」を見てきました。♪タランティーノくらいレンタルしとかなきゃ なんて殴られた記憶もロクにない癖に♪と西川くんの曲を歌いながら見に行って、でも、映画館で1回見たら十分やろ、な、映画その2弾。そ…

プラネット・テラー in グラインドハウス

TOHOシネマズなんばでプラネット・テラー in グラインドハウス」を見てきました。タラの映画は見とかなきゃ、なんて♪タランティーノぐらい レンタルしとかなきゃなんて殴られた記憶も ロクにない癖に♪なんて、西川くんの曲を歌いながら行ったまでは良かった…

ショートバス

シネマート心斎橋で「ショートバス」を見てきました。後から見た「SiCKO」のレビューを先にアップしたけど、こちらがなんと、半年ぶりの映画鑑賞の作品です。1ヶ月に1本は映画館で見るのを目標にしていたのに、3月頭の「幸せのちから」以降、映画を見たいと…

SiCKO

マイケル・ムーアの「SiCKO」を敷島シネポップで見てきました。久しく映画は見てなかったのに、一度見たら、次も次もとなりますね。半年ぶりに見た映画は別のものなのですが、まだレビューを書き上げるまで落とし込めていないので、後から見たこちらを先に。…

幸せのちから

TOHOシネマズなんばで「幸せのちから」を観てきました。ストーリーはともかく、舞台がサンフランシスコだったからどうしても観たかったのです。目に懐かしい景色でいっぱいでした。サンフランシスコというと、どうしてもゴールデンゲート・ブリッジのイメー…

ドリームガールズ

TOHOシネマズなんばで「ドリームガールズ」を観てきました。観たい映画はたくさんあるけど身体は一つしかないので、何がなんでも映画館で観ておかなくては、と思った映画を優先させることにして、選んだのがこの「ドリームガールズ」でした。シュープリーム…

ディパーテッド

「え、マジで?」最後のシーンを見た瞬間、声には出さなかったけど思わず心の中でつぶやいてしまった。すげーっ、マーティン・スコセッシって、すげーって見終わってから妙な興奮に包まれていた。2時間以上あるなんて長いって思ってたけど、長さを感じさせず…

マリー・アントワネット

TOHOシネマなんばで「マリー・アントワネット」を見てきました。ソフィア・コッポラが監督をするというので楽しみにしてた映画です。実は私、かの有名な「ベルばら」を読んだことがないのですが、子どもの時に「マリー・アントワネット」の伝記を読んだこと…

愛の流刑地

TOHOシネマ泉北にて「愛の流刑地」を観てきました。ホントは「マリー・アントワネット」を観たかったのだけど、シャトルバスの時間の都合、「愛の流刑地」に変更。これはこれで観てみたかったし。原作は読んだことないけど、過激という噂は聞いていたし、映…

大奥

道頓堀東映で「大奥」を見てきました。新春2本目ですな。本当はもっと休み中に映画を見たかったけど、伏せっていたので見たい映画は1本だけしか見ることができなかった。(「エラゴン」は、つきあい映画だったんで。) ドラマでは「大奥〜第一章〜」と「大奥…

エラゴン

新年の第1本目は、ナビオTOHOプレックスで「エラゴン 遺志を継ぐ者」を見ました。本当は別の映画を見たかったのですが、時間の都合、これになってしまいました。自腹映画ではなくて、おごり映画だから良いけど。「ハリー・ポッター」も「ロード・オブ・ザ・…

プラダを着た悪魔

「プラダを着た悪魔」を敷島シネポップで見てきました。このところの精神的不調を引きずって半泣き状態だったんですけど、半泣き状態のまま映画に行ってしまうあたりが私らしいっていうか。。チケット売り場で見ようと思っていた回が「×」になっていたので、…

7月24日通りのクリスマス

「7月24日通りのクリスマス」をTOHOシネマズなんばで見てきました。ロマンティック・コメディを期待して見に行きました。中谷美紀が好きだしね。映画「電車男」を制作したチームがこの映画も作ったんだとか。中谷美紀が冴えない女の子をコミカルに演じてるの…

天使の卵

村山由佳さんの小説「天使の卵」が映画化されるというニュースが流れてから1年ちょっとが過ぎ、映画の公開が始まりました。原作ファンとして、ドキドキしながら動物園シネフェスタまで見に行きました。 春妃を小西真奈美が演じると知った時に、なんとなく原…

フラガール

オープンしたばかりのTOHOシネマズなんばで「フラガール」を見てきました。感想を一言で書くと「泣いた後で元気になる映画」です。泣けるという前評判が高い映画ですが、私の中で今年一番泣けた映画です。振り返ってみたら、今年は泣けそうな映画をあまり見…

ゆれる

シネ・リーブル梅田で「ゆれる」を見てきました。「あの橋を渡るまでは、兄弟でした」ってキャッチコピーがなんとも印象的で、予告編を見て気になってました。そんな西川美和監督の描く世界を見てみたいってのもあったけど、正直言うとオダギリジョー目当て…

カーズ

梅田ブルク7で「カーズ」を見てきました。(今日じゃないんですけど。)舞台がアリゾナやニューメキシコっぽいな、というのがポイントでした。アニメだし、と思っていたけど、なかなか見応えありました。ピクサーの技術はどんどん進化してますね。実写じゃ…

big river

テアトル梅田に「big river」を見に行ってきました。ベルリン国際映画祭の招待映画ですね。オダギリジョーが全編英語で、というのに興味がありまして。あと、舞台がアリゾナのロードムービーってことで、アリゾナはアメリカで生活している頃、何度も旅行で行…

嫌われ松子の一生

動物園前シネフェスタで「嫌われ松子の一生」を見てきました。4月は映画を2本見た!と思ってたら5月はゼロ本でした。ま、あないに毎週ライブに行ってたから当然っちゃ当然ですな。私は「嫌われ松子の一生」の原作は読んでおりません。映画を見ようと決めた時…

プロデューサーズ

敷島シネポップで「プロデューサーズ」を見てきました。今日じゃなくって、金曜日の夜に見て参りました。1週間に2回も会社帰りに映画を見ることができるなんて、それだけでとても幸せでございました。で、この映画の話ですが、ブロードウェー・ミュージカル…

寝ずの番

シネフェスタで「<寝ずの番」を見てきました。今週は久しぶりに仕事が落ち着いているので、今の会社に入って初めて会社帰りに映画を見に行きました。そんな行為ができる余裕が嬉しかった。。中島らもは結構好きで何冊も読んだことあるけど、これは読んだこと…

SPIRIT

角座に「SPIRIT」を見にいってきました。実在した伝説の武術家、霍元甲(フォ・ユァンジャ)の史実を盛り込んだ「フィクション」です。マーシャル・アーツ好きとしては堪らん映画でございました。風格に満ちた美しいアクションの数々に見惚れました。でも、…

レジェンド・オブ・ゾロ

梅田ピカデリーで「レジェンド・オブ・ゾロ」を見てきました。全作の「マスク・オブ・ゾロ」から7年、ゾロとエリナが結婚して、子どももできて・・というところからスタートします。今回の作品は、子役と動物に救われているという下馬評をどこかで目にしたの…

THE 有頂天ホテル

敷島シネポップでTHE 有頂天ホテルを見てきました。席を引き替える時、「字幕スーパー付ですけど良いですか?」と言われて「???」だったのですが、耳の不自由な方の為に字幕付の上映があるのですね。前評判通り、とっても楽しく愉快な映画でした。こんな…

SAYURI

TOHOシネマズ泉北で「SAYURI」を見てきました。風邪ひいて寝込んでたんちゃうんかい?!なんですけどね2日続けて12時間以上寝てたら寝てるのも飽きちゃって。。(そういう問題じゃないですよね、ハハハ・・・)今回は初めてプレミア・スクリーンを体験してきま…

Mr.&Mrs. スミス

TOHOシネマズ泉北で「Mr. & Mrs. スミス」を見てきました。女の人が身体はって闘う映画って好きですねぇ。アンジェリーナ・ジョリーの闘いっぷりが良かったです。映画そのものを一言で表現すれば、「ハリウッド流の派手な夫婦ゲンカ」なんですけどね。ブラ…

春の雪

敷島シネポップで「春の雪」を見てきました。なぜか劇場を角座と勘違いしていて、間に合わなくなるところでした。三島由紀夫が原作なのですが、私がこれまでに読んだことない話でした。聡子役の竹内結子が、役柄ではない時の自分なら清顕のような男性を好き…