牡羊座の新月

<Emmery Annexの過去ログ>今日、4月17日は牡羊座の新月。「MOON BOOK 2007 (2007) 」からご紹介。 牡羊座の月の日はチャレンジ精神がみなぎる日なので、心の中の闘争心をめざめさせるよい機会なのだとか。心を内観をするのにも適しています。新月の日はお…

惑星の月

<Emmery Annexの過去ログ> 13の月の暦で10番目の月にあたる「惑星の月」が始まりました。先月の「太陽の月」は、blogに書いた通り、「どんなにたくさんの可能性や理想があっても、瞬間という時間の中で自分ができることは常に一つ。」「大切なのは、その時…

天秤座の満月

<Emmery Annexの過去ログ> 4月3日は、天秤座の満月です。天秤座の守護星はヴィーナス、つまり金星、美しいものへとエネルギーが向かう日です。 場所によるかと思いますが、大阪はちょうど桜が見頃ですね。今晩のお天気はいかがなものか分かりませんが、満…

桜始開/雷乃発声

<Emmery Annexの過去ログ>3月26日は春分の次候の「桜始開(さくらはじめてひらく) 」桜が開花する時候という意味です。これまでは桜が咲くには少々早い時期だったのですが、今年はちょうど桜が咲き始める時期にあたりましたね。 3月31日は末候の「雷乃発…

春分

<Emmery Annexの過去ログ>今日、3月21日は「春分」。天文学で「春分点」と呼ばれる点をを太陽が通過する日のことです。今日から夏至まで昼間のほうが長くなっていきます。春分をはさんだ7日間(春分の日を中日として前3日、後3日)が春の彼岸。極楽浄土が…

魚座の新月

<Emmery Annexの過去ログ> 3月19日は魚座の新月。感情を豊かにしてくれるので、この日の夜は一人で静かに瞑想をするのが適しているそうです。 また、11時から正午頃、北海道と西日本で部分日食が見られるそうです。欠け具合もごく小さなもののようですが、…

桃始笑/菜虫化蝶

<Emmery Annexの過去ログ>今年の3月11日は、啓蟄の次候の「桃始笑(ももはじめてさく)」桃が咲き始める時候という意味です。実際に桃の花が咲くのは、旧暦のひな祭りくらいですからもう少し先ですね。中国では、桃は二千年も昔から栽培され、邪気を払う聖…

太陽の月

<Emmery Annexの過去ログ> 13の月の暦で9番目の太陽の月が始まりました。 今月の意味を知ろうと「マヤン・カレンダー〈2〉 」を手にして「どうしたら私の目的に達するのか?」という今月の問いを見た瞬間、まさに今の私のテーマではないか!とビックリしま…

啓蟄

<Emmery Annexの過去ログ>今年の3月6日は二十四節気で3番目の節気にあたる「啓蟄(けいちつ)」です。「暦便覧」には「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出れば也」とあります。 “啓”は『ひらく』、“蟄”は『土中で冬ごもりしている虫』の意で、冬…

乙女座の満月

<Emmery Annexの過去ログ> 今日、3月4日は乙女座の満月。乙女座ということもあって、健康志向が高まるのだそうです。満月だとパワー全開!みたいになってしまうのですが、食べるものでも着るものでも、なるべくオーガニックなものにして、ゆったりのんびり…

桃の節句

<Emmery Annexの過去ログ>3月3日は桃の節句、雛祭りです。女の子の節句でもありますね。もともとは、上巳(じょうし)の節句(三月の最初の「巳の日」)と呼ばれていたのが、後に「桃の節句」に変わっていったそうです。今年は暖冬だから桃が咲いていると…

霞始靆/草木萠動

<Emmery Annexの過去ログ> 今年の2月24日は雨水の次候の「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」名前の通り、霞がたなびきはじめる時節という意味で、春霞の時季です。靆く(たなびく)は、霞や雲が薄く層をなして横に長く引くことを意味します。実際に空気中…

雨水

<Emmery Annexの過去ログ>今年の2月19日は二十四節気で2番目の節気にあたる「雨水(うすい)」暦便覧には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也」とあります。雪が雨に変わり、雪や氷が解けて水になるという意味でなのですが、今年は暖冬なので寒さ…

水瓶座の新月

<Emmery Annexの過去ログ>2月18日は水瓶座の新月です。 「MOON BOOK 2007 (2007) 」をみていたら、面白いことが書いてありましたのでご紹介。 水瓶座の新月は、あなたの生活に必要な「小さな革命」をもたらしてくれます。博愛精神が高まるので、新しい友だ…

黄鶯睨睆/魚上氷

<Emmery Annexの過去ログ>2月9日は、立春の次候の「黄鶯睨睆(こうおうけんかんす)」「黄鶯啼(うぐいすなく)」とも言うようです。文字通り、鶯が鳴き始める時節です。最初の頃から「ホーホケキョ」と鳴くわけではありません。チッ、チッという笹鳴きか…

銀河の月

<Emmery Annexの過去ログ> 不思議なもので13の月の暦で月の終わりが近づくと、急に流れが変わると言いますか、何かふーっと浮上するようなそんな感覚に襲われます。暦を意識していなくても、何かが変わってきた、そんな思いが強くなったらいつも月末が近づ…

立春

<Emmery Annexの過去ログ> 2月4日は「立春」二十四節気で一番最初の節気で、1年の始まりグレゴリオ歴では1月1日がお正月ですが、旧暦では立春がお正月、つまり1年の最初の日にあたります。 大晦日が前日の節分になります。節分と言えば2月3日を想像する人…

冬至

<Emmery Annexの過去ログ>12月22日は、冬至。一年中で一番夜が長い日です。夜が一番短い夏至と比べると5時間くらい異なるそうです。これからまだまだ寒い日が続きますが、日脚が伸びていきます。寒くても冬至を過ぎたら、「春が近づいてきた」と思ってしま…

熊蟄穴/魚厥魚群

<Emmery Annexの過去ログ> 今年の12月12日は、大雪の次候の「熊蟄穴(くまあなにちっす/くまあなにこもる)」その名の通り、熊が穴にこもって冬眠するする時節です。実際には、体温を下げるわけでも、機能を低下させるわけでもないので、生理学的には冬眠…

大雪

<Emmery Annexの過去ログ> 今年の12月7日は、二十四節季の「大雪(たいせつ)」。文字通り、雪がたくさん降る時節ということ。特に山で降る雪を指しているようです。 七十二候では初候の「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」「閉塞(へいそく)」とは、閉…

双子座の満月

<Emmery Annexの過去ログ> 12月5日は、2006年最後の満月です。今回は双子座の満月。 「Moon book (2006) 」によりますと、それでなくても師走で忙しいというのに「忙しい一日になりがち」なのだとか。あれもこれもといろいろなことが気になって、気持ちが…

朔風払葉/橘始黄

<Emmery Annexの過去ログ>またもや暦さえもすっ飛ばしそうになってしまいました。。なぜこんなに気持ちに余裕がないのか悲しくなるくらいです。。 さて、気を取り直して。。 今年の11月27日は小雪の次候の「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」朔風(さ…

霜降

<Emmery Annexの過去ログ>10月23日は二十四節季で「霜降(そうこう)」です。「暦便覧」には、「つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也」とあり、「露が寒さによって霜となり降り始める頃」という意味です。現在の暦でいうと、東京の場合、実際に霜…

天秤座の新月

<Emmery Annexの過去ログ>忙しくしていたら結局、暦関連のエントリしかアップできてないですね。。 遅くなってしまったのですが、本日10月22日は天秤座の新月。パートナーシップの強化や人生を華やかに彩るもの」を支援する日なのだとか。 新月ですので、…

菊花開/蟋蟀在戸

<Emmery Annexの過去ログ>あまりに忙しい日々なので、また暦のことを忘れそうでした。 10月13日は七十二候で寒露の次候にあたる「菊花開(きくのはなひらく)」読んだままで、菊の花が咲く、という意味です。中国では、花の少なくなる寒い季節に霜にも負け…

自己存在の月

<Emmery Annexの過去ログ> 4番目の月である、自己存在の月が始まりました。先月の電気の月は大揺れでほとんどアップもままならないまま過ぎました。去年も同じようなこと書いてますね。でも、不思議なことに必ず何か流れが変わる感じがして、13の月の暦に…

寒露

<Emmery Annexの過去ログ> 今年の10月8日は二十四節気の「寒露(かんろ)」暦便覧には「陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也」とあり、寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のことをさします。 七十二候では、初候の「鴻雁来(こうが…

牡羊座の満月

<Emmery Annexの過去ログ>本日、10月7日は牡羊座の満月です。今回の満月は怒りを誘発しがちなのだそうです。イライラしたり、神経がピリピリしている場合が多いので、クールダウンすることを心がけるのが良いようです。満月の時は、何事も最大限に作用しや…

中秋の名月

<Emmery Annexの過去ログ> 今年の10月6日は、中秋の名月。「名月」だから満月?と勘違いしそうですが、今回は満月ではありません。「十五夜お月さん」ですから、月と地球の公転軌道の関係で、新月から満月までの日数が15日とは限らないので、満月に近いけ…

蟄虫坏戸/水始涸

<Emmery Annexの過去ログ>あんまりにも書かないでいたら、あやうく暦さえも忘れそうでした。 今年の9月28日は、七十二候で秋分の次候にあたる「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」「蟄虫」は土のなかにいる虫、「坏ぐ」は土で隙間を塞ぐ、閉じるなので…

社日

<Emmery Annexの過去ログ> 社日(しゃにち)という雑節を知りました。ちなみに今年の社日は今日、9月26日。 社日は生まれた土地の神様(産土・うぶすな)に参拝する日です。社日は古代中国に由来し、「社」とは土地の守護神、土の神を意味するのだとか。春…

秋分

<Emmery Annexの過去ログ> 今年の9月23日は「秋分」です。春分からちょうど半年目で太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜が同じ長さになる日です。今日からだんだん日が短くなり、「秋の夜長」が始まります。秋のお彼岸の中日でもあります。今年は暑さ…

乙女座の新月

<Emmery Annexの過去ログ>9月22日は、乙女座の新月です。8月の新月も乙女座でしたので、2ヶ月連続で乙女座の新月を迎えることになります。先月とまったく同じ内容になるのですけど、「Moon book (2006) 」からご紹介。 自分を取り巻く世界に対し、心が敏感…

電気の月

<Emmery Annexの過去ログ> 「13の月の暦」で3番目の月である「電気の月」が始まりました。ぼんやりしていたら、ツォルキンの新しいサイクルが始まっているのにも気づかないままでした。13の月の暦をとても意識してすごしている訳ではなく、毎日日付をチェ…

鶺鴒鳴/玄鳥去

<Emmery Annexの過去ログ> 今年の9月13日は、七十二候で白露の次候にあたる「鶺鴒鳴(せきれいなく」名前の通り、「セキレイが鳴き始める」という意味です。野鳥には詳しくないのですが、調べてみると、チチン、チチンと高い通る声で鳴くようです。「日本…

白露

<Emmery Annexの過去ログ> ちょうど満月や五節句と重なったのでアップが遅れましたが、今年の9月8日は、二十四節気の「白露(はくろ)」でした。いよいよ仲秋に入ります。白露とは、風のない晴れた夜に発生する「しらつゆ」のことです。「暦便覧」には「陰…

重陽の節句

<Emmery Annexの過去ログ>9月9日は、「重陽(ちょうよう)の節句」です。昔、中国では奇数を陽の数としていたそうです。その中でも最大の数である九が重なるのは、大変めでたい日ということになります。そこで陽が重なる9月9日を「重陽」というようになっ…

魚座の満月

<Emmery Annexの過去ログ> 9月8日は魚座の満月です。深夜3時から部分月食なんですけど、大阪は曇っていて無理そうですね。少し前まで私の住んでいる場所は大降りの雨でした。ちょうど駅から帰宅する時が大雨で、「禊ぎだ」なんて思いながら、傘もささずに…

部分月食

<Emmery Annexの過去ログ>9月8日は満月なのですが、今年年最大の満月になるのだそうです。 ほぼ一年ぶりに全国で見られる部分月食が起こります。 食の開始は深夜3時過ぎなので、感覚としては木曜日の深夜ですね。今回の欠け具合は2割ほどになるそうです。…

天地始粛/禾乃登

<Emmery Annexの過去ログ>今年の8月28日は、七十二候で処暑の次候にあたる「天地始粛(てんちはじめさむし)」「粛」は『暦本歴』では「さむし」と読ませていますが、他の暦では「しゅくす」「しじむ」などと読ませているそうです。「天地始粛」の読みを調…

月の月

<Emmery Annexの過去ログ> 13の月の暦で2番目の月である「月の月」が始まりました。ちょうど二十四節気の処暑と同じ日に始まったので、新しいサイクルを始めるのにちょうど良いなと感じていました。なんとなく暦と生活がシンクロしているみたいで、月替わ…

乙女座の新月

<Emmery Annexの過去ログ> 8月24日は、乙女座の新月です。いつも通り「Moon book (2006) 」からご紹介。 自分を取り巻く世界に対し、心が敏感になる日。「ピュアでありたい」という気持ちが強まるため、批判精神も旺盛になります。そこで、何事も「ま、い…

処暑

<Emmery Annexの過去ログ>今年の8月23日は「処暑(しょしょ)」です。暦便覧には「陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也」とあります。「処」はもともと「来て止まる」という意味を持った漢字なのだそうです。つまり「処暑」とは「暑さがおさまる」…

寒蝉鳴/蒙霧升降

<Emmery Annexの過去ログ>今年の8月13日は、立秋の次候の「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」ヒグラシが鳴き始める、という意味ですが、ツクツクボウシを指すこともあるそうです。私の中では、ヒグラシの鳴き声よりもツクツクボウシの鳴き声の方が夏の終わりを感じ…

水瓶座の満月

<Emmery Annexの過去ログ> 8月9日は、水瓶座の満月です。「Moon book (2006) 」を見てみますと、今回はボディケアに関する話が書いてありますね。 ひざから足首にかけてが水瓶座の支配するパーツなので、マッサージやツボ押しなどを行って、血行不良でむく…

立秋

<Emmery Annexの過去ログ>今年の8月8日は「立秋」です。今年は梅雨明けが遅かったので夏が始まったばかりですが、暦の上では秋が始まります。今日から季節の挨拶も「暑中お見舞い」から「残暑お見舞い」に変わります。子どもの頃はその辺りがよく分かって…

土潤溽暑/大雨時行

<Emmery Annexの過去ログ> 7月28日は、大暑の次候の「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)」土がじっとりして蒸し暑くなる時節です。溽暑(じゅくしょ)とは、非常に蒸し暑いことを意味します。今年は梅雨明けが遅かったこともあり、まだ蒸し暑い日は少…

磁気の月

<Emmery Annexの過去ログ>さて、赤い磁気の年が始まりました。そして、本日は磁気の月の1日、KIN209/赤い磁気の月磁気が3つそろって、この日をスタートの日とせずいつスタートする?って感じですね。13の月の暦のカレンダーも掛け替えて、新たにスタート…

獅子座の新月

<Emmery Annexの過去ログ> 7月25日は、獅子座の新月です。 いつも通り「Moon book (2006) 」よりご紹介。童心に返って、自分が好きなことをしたい一日です。獅子座の新月の日は、純粋だった子どもの心を取り戻す必要があるのです。誰の心の中にもある「人…

年の瀬に

<Emmery Annexの過去ログ> 13の月の暦では1年の締めくくりの一日である宇宙の月28日が始まりました。今日で「黄色い宇宙の種の年」が終わります。 このblogを始めるのと同時に、毎日暦を見るようになって、きっちり1年間使ったのは初めてですね。使ってみ…