読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小畑ポンプ芸歴20周年記念ライヴ@南堀江 knave

Rolly &すかんち ライブ・レポ

三連休は、日頃の疲れがドドーっと出て、ぐったりしてるのですが、中日はなんとかかんとか、ライブを見に夕方からお出かけ。前売りを買ってた訳ではなかったので、ギリギリまで迷ったのですが、行って良かった。
ライブを見て、逆にシャンとしたかも。

参戦したのは、南堀江 knaveで開かれたすかんちのドラマー、オバリン、こと、小畑ポンプの芸歴20周年記念ライブです。
今回のメンバーは、以下の4名
Vo:大槻ケンヂ
G:石塚BERA伯広
B:かわいしのぶ
Dr: 小畑ポンプ

オバリンだけだったら、正直、観に行ってなかった。
でも、ボーカルがオーケンってところに惹かれたのでした。
会場に行くまで、今回の客層はどんなんだろう。。って興味津々。
オーケンとベラさんだから、やっぱり筋肉少女帯だろうかと。

当日行くことに決めたので、19時開演ギリギリに到着。
入ると、椅子が並んでおり、お客さん一杯でした。
一人だったので、空いてる席にポコッと座って開演を待ったけど、あっという間に始まりました。
周りは、20代後半以上の人たちで、服装も普通かなぁ。

スタートは、着流しを召したオバリンが一人で登場し、
カラオケでCRAZY KEN BANDの「タイガー&ドラゴン」を熱唱。
♪俺の話を聞けぇ~ と熱唱するオバリンにちょっと笑ってしまった。
「今日はカラオケで20曲歌う」とか言ってたけど、その後はバンドへ。

曲が始まって、おぉ?!と思ったのが、ベースのかわいしのぶさん。
小さくてキュートなお姿に似つかわしい、ゴリゴリのぶっとい音でなんてカッコイイのかしら

今回のメンバーは、かわいさん以外、電車のメンバーということで、電車のナンバーがメインだったようです。
歌詞を聴いてると、あぁ、これ絶対オーケンの作詞やわ、と思いつつ聴いてました。オーケンも独特の世界観がありますからね。
椅子だったから座ってたけど、なんか座って聴いてるにはもったいないグルーブ感でありました。でも、オーケン
「(年齢的に)椅子がないと生死を分けるでしょう」
なんて言うてましたね。

最高で3曲続けて演奏したけど、たいていは2曲続けて演奏したら、しゃべるしゃべる。昨日の京都公演は1曲目から2曲目まで20分くらい延々としゃべって、客席がひいてたらしい。
「べしゃりが多い」って言ってました。

最初のMCのテーマは、オバリンいわく「音楽」
ボーカルは、歌っているとき、何を見ているの?
というフリから、普段はドラマーのオバリンにとって、
何もなしで前に立ってると、どこを見ていいのか分からないだけじゃなく
フルチンで立ってるような恥ずかしさがあるらしい。
ドラムセットも肌の上にバスタオルを1枚巻いているような感じ、なんだって。
オーケンは、「ソノキの男の人を探してる」とか、どこまで冗談なんだか、
みたいなことを言ってました。ただ、ちょっと感心したのは、筋肉少女帯の時は、持ち場を離れるメンバーがいるから、その時は空きになった場所に視線を向けて
「大丈夫ですよ。見てますよ。」
とか、お客さんが倒れて騒ぎになってたら敢えてそちらに背を向けて逆を向くことで、お客さんが
「あぁ、たいしたことないのか」
と関心をそらして騒ぎを収縮させる、とか、メンバーが前に勢揃いしたら逆に後ろに引くとか、
聞いてて「ほぉ。。」でした。
すかんちとの対バンで筋少を見たことあるから、なるほどね~、と。
あと、お客さんと目が合う、ということはないって言ってました。
自分がコンサートを観に行ったら、「目があった」って思うけど、って。

知らない曲ばっかりだったから、レポがMC中心になってしまうんですけど、今度の筋肉少女帯のライブは、ゼップで椅子出すそうです。
そういや、オーケンってば、「筋肉少女帯で大阪来るよね?」って客席に尋ねておいででした。で、その後、「名古屋、名古屋」と明日の会場を連発しておいででした。筋肉少女帯で椅子ありのステージってなんだか想像できないような。。椅子があると、バラードとかしっとりした曲もできると、オーケンは言ってました。
私は、一度だけ見た、衝撃的なライブが忘れられませんです。
オーケンは旅嫌いなんだそうで、「どこでもドアと暗記パンがほしい」って。
暗記パンは、歌詞じゃなくてアメリカン・ジョークやジューイッシュ・ジョークを暗記するんだって。

ベラさんも、なかなか面白い方でした。
週4で、ラーメン、それも天一のこってりを食べてるそうで、今回のライブも前のりして、京都の天一を食べてたとか。
そこで「ラーメン次郎」の話も出てました。私はたまたまテレビでラーメン次郎の特集を見たことがあったから知ってたけど、関西にはないですよね、確か。

かなり爆笑してしまったのは、最近オーケンアコースティック・ギターに興味があるそうで、楽器屋さんで子どものような目をして見てたらしい。
でも、メンバーと一緒の時は恥ずかしくて、その後、一人でもう一度楽器屋さんに行って、試奏させてもらったらしい。
アコースティック・ギターだからピックを使って、、と思ったら、やんわりと
「ピックを使わないでください」と言われたそうで、
(ボディに傷が付いたらいかんのでね)それではまともな試奏ができないと。
三木楽器に行って、そこからヤマハに行って試奏したらしいけど、そこでなんと三木楽器で買ったものを置き忘れたそうで、明日、恥を忍んで取りに行かなければ、、と。
それで、以前は「女の子にもてたい」という理由で音楽をやったけど、今は元からイケメンでもてる人がバンドをやってるから元から女の子にもてる人は楽器屋に行ってはいけない、とか、笑った。
このあたり、実在のバンドを挙げてましたが、割愛。
あと、「大槻ケンジは世襲制にしたい」発言と、2世を誰にするかの話も面白すぎでした。

あと、Shima-changのことも少しだけ話してました。オバリンにとっては、Shima-changの事故はかなりショックだったそうです。今度のライブも自分らでShima-changへの義援金を出せよって言われそうだけど、敢えて「みんなからもらう」ということでライブをするんだって。
でも、ライブそのものはしんみりではなく、普通にやるからね、と。
大阪は、元バナナホールのAKASOでやるから、ちょっと小さめのホールだからチケットが取りにくいかも、、と言ってて、すでにチケット確保済みの私は
「もう、ゲットしたも~ん。。」
と心の中でつぶやいてました。
でも、客席からそのあたりの反応がなかったってことは、やっぱり筋肉少女帯のファンがメインだったのかな。

MC以外のことも少し書いておこう。
今回は、「13階の女」でオバリンの叩き語りが聴けるかと思ったけど、それはなかったです。東京ではやってたみたいだから、残念。

アンコールは、ベラさんとオーケンでアコースティックってのもありました。
その後、メンバーそろって、2曲演奏してました。
最後は「ヘイユー・ブルース」だったかな。
皆さん、芸歴が20年前後の人たちだから、安定したクオリティの高い演奏を聴かせてもらったって感じでした。

ライブレポっていうか、ライブベシャリレポだな。
あれこれ書こうと思ったけど、99%がべしゃりだったので、割愛しまくりました。で、この長さかい!