読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分に問うてみる

<Emmery Annexの過去ログ>

強い感情が湧き起こってくる時、必ずそこに何か理由があります。
訳も分からず泣く、訳も分からず怒る、など言いますが、理由もなく強い感情が出てくることはありません。
湧き起こる感情にのまれてもがき苦しんだりするのも、人間として生きている限り、また一興かと思っているのですが、感情を呼び起こす理由を知ると、自分のクセが分かって感情にのまれている時間が縮小されるような気がします。

いつからか忘れてしまいましたが、強い感情が出てきたら、
「どうして・・・なるの?」と自分に問いかける習慣があります。
人前では泣きませんけど実はかなりの泣き虫なので、一人の時はすぐにメソメソ泣いてることが結構多いのですが、泣きながらも
「何で泣いてるの?何が悲しいの?」
と自分の問いかけています。
泣いていたり怒りに震えていたりしながらも、別のところで自分に「どうして?」と問いかけている姿というのは何だか変かもしれませんが、頭で理由を考えなくても、ただ自分に
「何が悲しいの?」
「何で腹がたってるの?」
と問いかけを繰り返しているだけで、ふっとその理由が出てきます。
理由が分かると解消法が分かり、落ち着いてきます。

前にもこんなことを書いたことあったなぁ、と過去ログを探ってみたら
強い感情の根底にあるもの」というタイトルで半年ほど前に書いてました。
読み返しながら「おぉ、こんなこと考えたことがあったんだ、すごいなぁ」と
自分で書いたことなのに感心してしまいました。
時々スゴイこと書いてますよね、私(笑)

律動の月9日 KIN252/知恵を指揮する 黄色い倍音の人