読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地蔵盆

今週末は、両日共に地蔵盆のお手伝い。
とっても久しぶりに父の祖父母の家のあった場所へ。
お地蔵さんは、子どもの頃は楽しみな行事だった。
お菓子がいっぱいもらえたからね。
最寄り駅から祖父母の家に行くまでの道すがらにいくつもお地蔵さんがあって、お子ちゃまの頃は、お地蔵さんがまつってあるとことを通ると、
「ほら、お菓子持って行きぃ」
って、お下がりをもらったもんだ。

f:id:Emmery:20080824134142j:plain


会社に行くようになってからは手伝わなくなった、というか、手伝えなくなったので、今回はお地蔵さんが両日どもに土日ということで久しぶりの登板となったのだ。
祖父母が亡くなって、今は家がないからあまり行かなくなって、周りの景色がどんどん変わっていた。
ご近所があんまりいなくなって、マンションになったりビルになったり。
「Emmeryちゃん、大きくなって」
とか
「べっぴんさんになって」
などと言ってくれる近所のおばちゃん、おじちゃんたちもいなくなった。

近所に子どもがほとんどいないから、お地蔵さんのおもりをしていても、ぼんやりと座っているだけで終わり。
以前だったら、近所のお子さんたちが
「お参りさせてください」
なんてやってきて、お下がりをあげたりとかしてたけど、そんな風にやってくるお子たちもいない。
たまたま用事か何かでやってきたおじさんが、
「この辺り、お地蔵さんが多いんですねぇ。」
なんて言っておまいりしていったりする程度。

土曜日は、結婚している妹もやってきて、周りの変わりように驚きながら、
「マンションが建って、大阪城天守閣が見えない!ツインタワーも見えない!」
なんて言ってた。周りが高層化しちゃって、
これまで見えていたものが見えないのは淋しい。

でも、久しぶりに無邪気だった子ども時代を思い出してちょっとしみじみした週末であった。