読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷や汗いっぱいの発表会

今回は出来が悪いと都度都度ここに書いてきた発表会当日。
前日はもう、ずーっとずーっと日がな練習しておりました。
引越のどさくさでどこに片付けたのか忘れたサブのハーモニカも無事に発見することができたので、とっかえひっかえ使っては練習に練習を重ね、最後のあがき以外の何者でもありませんでした。

・・ま、こういうのが上達の契機になるのでしょう(苦笑)
でも、まだ吹きこなせないフレーズが。

当日の朝、最後の最後のあがきをしていたら、
あれ、ちょっと良くなってる?

後はもう運任せと、余裕を持って会場に向かった・・ハズでした。
電車も順調に来て、テクテクと会場へと歩いていた時、
何か足りないことに気づきました。

あ、差し入れのお菓子を駅の中に置いてきたあああああ!!!!!

緊張しすぎで、頭のネジが数本どこかに落ちてしまっていたようで、発表会の後に見に行く予定の定演の差し入れのお菓子を駅構内に置き忘れてきたのでした。
現役は全員で50人くらいかなぁ?と50枚も買ったクッキーが。。
必死になって駅にダッシュで戻り、駅員さんに
「すみません!すみません!駅の中に忘れ物をしたので入れてください(T-T)」
と涙目で訴え、忘れ物は無事に取り戻せたのですが、余裕があったはずの時間は消え去っており、出番に間に合わなくなったらどうしよう~
と、冷や汗と共に、改めて会場にダッシュ
・・見事に遅刻してしまいました(><)
一応、出番はまだだったのですが、私が来ないので順番変更になり、2部のトリをつとめることになったのでした。
こんな事情でトリなんて。。は、恥ずかしすぎる。。
とはいえ、これで厄落としができたに違いないと開き直り、ほぼ満席になっていた会場の一番前なら席が空いてるとステージの真ん前で皆さんの演奏をハーモニカを温めながら聴き、いざ、本番。

前奏が始まって、ハーモニカを構えようとしたところ、客席から何やら訴えるような視線とマイクを持つ仕草をする人たちが何人も目に入り「???」と思った瞬間、演奏をしようというのにマイクを握ってなかったことに気づきました(><)
そう、何人もの方が客席から「マイク、マイク忘れてる!」と私にジェスチャーで教えてくれていたんですね。ありがとうございました!
それにしても私、何をやってんだか。。
演奏のスタートにギリギリで間に合ったのですが、一発目の音を見事にミスってしまいました。
が、その後は引きずることなく、「今日はハーモニカが鳴ってるな~」って感じながら進めることができました。
基本、ステージにあがったら女王様気質って言いますか、「みんな、私の演奏をお聴き」な状態で演奏するもので。
ミスはありましたけど、三度で吹くところが単音になったりとかしたけど悔いのない演奏ができました。
演奏終わったら、頭が空白になってまして、司会の方ともう少し面白い話ができたらと思ったのだけど、そんな余裕は一筋も残っておりませんでした。

終わった後、本日のポカ3発目が発覚。
自分の演奏をICレコーダーに録音しようと、録音ボタンを押したハズが消去ボタンを押していて、ぜんっぜん録音できてなかったのでした。
普段では考えられないミス。。頭からネジが何本落ちてたんだか。。
後で聴き直して反省しようと思ったけど、吹きっぱなしかい!
なんとなく曲が進むにつれ、私自身が走ったのか、バックが走ったのかテンポが速くなったような気がしたので自分の演奏と共にチェックしてみたかったのですが。

とりあえず、自分の演奏が終わったら安心して、3部は皆さんの演奏を堪能しました。演奏者の真ん前のかぶりつきの席だったし次に向けて進む糧になりました。

演奏が終わった後もですが、発表会の後、会場の外でも多くの方からお声かけいただいて、ありがたいなぁ、と思いました。
「あなたが遅刻して2部の最後になったおかげであなたの演奏が聴けたわ。」
などと言ってくださった方もおりまして。
あ、遅刻は基本、やっちゃいけないですけど。

忘年会に参加したかったのですが、夜は関学ハモソの定演でしたので、発表会が終わった後は、M松さんと一緒に川西へと向かったのでした。
ハモソの話は別のエントリにしよう。