読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本田雅人@ビルボードライブ大阪

ライブ・レポ

3月4日は、ビルボードライブ大阪にて本田雅人さんのライブ参戦。

f:id:Emmery:20161124110402j:plain


先週金曜日に引き続き、櫻井さんのベースを楽しみに行ってまいりました。
自由席で、案内されるときに
「ベースが見える席でお願いします。」
と、櫻井さんが見える席をしっかりと希望。

今回は、アルバム発売記念でもないから、どんなライブになるのかな?
と楽しみにしておりました。本田雅人さんは、T-SQUARE時代から好きです。
「NEW-S」は、衝撃的でしたもん。今でも個人的に神アルバムです。
ライブで聴いてみたいと思っていたけど、去年は大阪で2回公演あって、2回ともバッティングして逃してしまったので、今回やっと叶いました。

カジュアルが満席だったので、自由席でアミューズプランにしてみました。
一人だけど、ちょっとだけゴージャスにね。
シャンパンとアミューズをいただきながらライブが始まるのを待つのって、なんか「おっとな~」って感じじゃないですか。

ライブは去年発売になった「Solid State Funk」から2曲続けて。
まずは「Laughter of Dragon」
フルートに持ち替えて、「ロバートの肖像」

ここでMCが入りました。
先にやらないと忘れるからって、
「今日はご来場いただきありがとうございました」
と、いきなり最後か?みたいなトークがあり、メンバー紹介。

今回のメンバーは敬称略で、以下の通り。
本田 雅人(Saxphon)
梶原 順(Guitar)
櫻井 哲夫(Bass)
則竹 裕之(Drams)
白井 皓人 (Keyboard)

今回、キーボーディストがすーっごく若いと思ったら22歳なんですって。
「櫻井さんの三分の一じゃない?櫻井さん、66歳じゃなかったっけ?」
なんて、本田さん、なかなか毒舌であらせられました。
ちょうど私の席が白井さんの譜面台の位置の都合、曲の後半になると顔の向きが私の方になるので、なんだか私、見られてるようでなんだかドキドキしてしまいました。(ええ勘違いやの~)

MCの後、本田さんはEWIに持ち替えて「君はエスパー」
曲が始まったら、「あれ、音がなんかおかしい?」と思ってたら、すぐにフェードアウト。本田さんが足下のエフェクターを踏み間違えたようでEWIの音がちゃんと鳴ってなかったのです。メンバーが
「間違えるなんて珍しいね。」
と言って、もう一度最初からやり直し。
こういうのもライブの醍醐味ですかね。

確か、ここでSAXに戻って「Stop the Funk」

ここで本田さんと白井さん以外のメンバーはいったん退場して、
ソプラノリコーダーとキーボードで「Forget Me Not」
「皆さん、リコーダーを出してくると喜んでくれるんだけど、これ、1,000円なんだよね。」と。
小学3年生の時、皆よりも1年早くリコーダーを吹くようになり、皆がリコーダーを音楽の授業でやるようになる頃には人よりも上手に吹けて、そこで調子に乗って、、と、ソプラノリコーダーは本田さんの原点なんだそうで。
ソプラノリコーダーも、本田さんが演奏されると本当に繊細で美しい。
確か、実家には縦笛まだあったよなぁ、今度帰ったら持ってこようかと思ってしまいました。

メンバーが戻ってきて後半戦。
「おかえりなさいませ」
と出迎えておられる様子がお茶目でした。
「次の曲は、櫻井哲夫様をフィーチャーして、BAD MOON」
と紹介されたら、ここまでバックに徹しておられた櫻井さんが前に出てきて、スラップ、スラップ、スラップ、私の大好物のスラップ、です。
ソロも長いし、こんなのもできるんだ!みたいな。
櫻井さん、素敵すぎでした。惚れ惚れ。

次の曲はちょっと忘れてしまった。ハードで濃いぃ系の曲でした。
ふと、「MEGALITH 聴きたいなぁ。でもまさか、MEGALITHなんてやらないよね。」
と心の中でつぶやいた次の瞬間、最後の曲のSAXのメロディが始まったのですが、
「え!!!!このフレーズ!!! MEGALITH や!!!!」
そう、まさか聴けるとは思っていなかったMEGALITH が演奏されたのでした。
もう私、感動のあまり口が半開きのまま固まって聴いてしまいました。

「SOLID STATE FUNK」は、FUNKって銘打ってるけど、本田さんの演奏だと上品だな、
なんて思ってたけど、ライブは圧倒されまくりでした。

アンコールは、ソプラノサックスとアコギで「Angel Smile」
美しい曲。こういうのを聴くと、ハーモニカでやってみたくなる。
最後は、「Funky Monsters」で華やかに。
なんだかんだ言って、最新アルバムの「Solid State Funk」からの曲が多かったなぁ。

2週連続で櫻井さんのベース演奏を聴いたし、念願だった本田さんの生演奏も堪能したし、とっても満足いたしました。
本田さんは、曲毎に次々と楽器を持ち替えて、少しだけど歌も入ったり、
噂通りのマルチっぷりであられました。

f:id:Emmery:20161124110514j:plain

f:id:Emmery:20161124110523j:plain



アミューズは、筍のエテュベを包んだ和牛もも肉のカルパッチョ、和牛もも肉の炙り寿司、野菜のマリネ、写真に写ってないけど、グラスシャンパン。