読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

B'z LIVE- GYM 2011 -C'mon- @京セラドーム

ライブ・レポ

いつもライブレポは早々に上げるけど、ネタフルな毎日で遅くなっちゃった。

12月15日に京セラドーム大阪でB'z LIVE- GYM 2011 -C'mon-に参戦。
通算5回目のLIVE-GYM。なんだかんだ言っても、やっぱり楽しい。
今回ちょっと特別だったのは、座席は違えど、イトコくんや大学時代の友人夫婦が同じライブに参戦してたこと。
始まる前に「楽しもうね♪」なんてメール交わしたりなんかして。

今回はちょっと早めにチケットが取れたので、上段じゃなくて下段。
しかも、ちゃんとステージ全体が見える席でした。
こんなの初めてかもね、と、一緒に参戦した友と話していたのでした。
一緒に参戦する人がイトコくんから友達に変わって3回目か、早いな。

ステージはしっかりと幕なのかちょっと材質が分からないけど、白いものが降りていて、巨大スクリーンとなっておりました。
オープニング・ムービーは、その幕みたいなものから立体的に顔が見えたり、すごいすごいって喜んでいたら、破壊と再生みたいなイメージへ。
前回のLIVE-GYMも観念的なムービーだったと記憶しているけど、今回もなんだか観念的。きれいだけど、ちょっと怖いような。
最後に最新アルバムのタイトルでもある「C'mon」のロゴが映し出され、いよいよ!

ムービーが終わったら、幕が上がって1曲目は「さよなら傷だらけの日々よ
これまでのLIVE-GYMだったらアルバムの1曲目が来るのだけど、今回は2曲目。
イントロを聴きながら鳥肌が立った。B'zの二人が出てくるまで、いつも胸の前で合掌しちゃう。1曲目が終わったらいきなりステージから花火。
最初から飛ばすねぇ。
そのまま2曲目「さまよえる蒼い弾丸」イントロでまた鳥肌。心の中をスーっと何かが通り抜けていく感じがする。

ここでMC。お約束の「B'zのLIVE-GYMにようこそ!」
稲葉さんが箱の中からボールを取り出すと、「B'zの」と書かれた白いボールが出てきます。稲葉さんが「B'zの!」と叫んで客席にポーンと投げ、次のボールを取り出し、また「B'zの!」と叫んで投げる。3つ目は「ハズレ」。4つ目が「B'zのLIVE-GYMにようこそ!」と書かれていて、稲葉さんが書かれている通り、
「B'zのLIVE-GYMにようこそ!」
と叫んでボールを投げ、「始まったああああ!!!」って実感する。

歓声の中、「Don't Wanna Lie」
そのまま「ピルグリム」この曲、歌詞が印象的。今回、→Pia-no-jaC←のライブが直前にあったので、アルバムの聴きこみがちょっと甘くて、歌詞を味わうところまで至ってなかった。
「BE THERE」のイントロも鳥肌ものだったけど、なんだかまだ気持ちが完全にライブモードに入ってなかった。。

「Homebound」、「ボス」、「命名」と新しいアルバムの曲が続きます。

このあたりだったかなぁ。ウェーブじゃないけど、スタンドの両端から一人ずつ手拍子を始めていって、最後に中央で交わるっていうのをやったのは。
少しずつ手拍子が増えていく様子は、花が開いていくみたいで綺麗だった。
手拍子がぶつかったら歓声を!という稲葉さんの命通り、ぶつかったら「うぉー」って声が。
そのまま手拍子しながら「DAREKA」
このあたりから、身体も気持ちも温まってきました。
「SPLASH!」は、またイントロで鳥肌。かっこいい。。
歌は英語版でした。♪ カリフォルニア・スプラッシュ!ってね。
この曲は歌詞が好きだから、英語版だったのはちょっと残念だったような、でも、英語版で聴けたのは貴重だったとも思うし。贅沢な悩み。
そのまま「Brotherhood」そして「#1090」

今回もアリーナにレールがあったから、ステージが動くんやなーって予想していたのですが、予想通りステージが動きます。
「BLOWIN'」を演奏しながらステージはゆっくりと後方へ。「BLOWIN’」大好き!
もう、このあたりになったら腕をぶんぶん振ってました。
そして「イチブトゼンブ」この曲もかっこいい。歌詞も胸にぐっと響くものがあって好きです。
♪あなたは私のほんの一部しか知らない
って歌ってたら、カタルシス。。
裸足の女神」を演奏しながら、フライングステージはまた元の場所に戻っていきました。

この後、「Liar! Liar!」この曲も、ものすんごく好き。(って、B'zの曲はどの曲も好きだからキリないな)
歌詞が良くって、これも大声で歌いながら、カタルシス。。
そのまま「ZERO」もう、たまらんです。好き過ぎる曲のオンパレード。
これも歌っていると、心の中に溜まってる何かが溶け出していく感じ。カタルシス。。
さらに盛り上がります。「DIVE」もう、どうにかなりそうなくらい高揚しちゃった。

このあたりだったかなぁ。稲葉さんが井戸に落ちて、せりあがってきたの。
曲にひっかかってるから、多分、そうよね。
前回のLIVE-GYMで出てきた「誰にも言えねぇ井戸」をやるのかと思ったら、単に一度落ちてせりあがってきただけでした。
で、稲葉さんが「あれ、まっちゃんは?」と言ってたら、松本さんまでもが金色の井戸に乗ってせりあがってきました。他の会場で「井戸に入らないんですか?」
という声がたくさんあって、急遽、松本さん用の井戸が作成されたんだとか。
なんでまっちゃんの井戸は派手なの?という稲葉さんがお茶目。

「マイスター」の前は、「マイスター」の中にあるフレーズでコール&レスポンス
曲が始まったら、これもすーっごい大声で歌ってた。

本編最後は「C'mon」いつものツアーなら1曲目に来るであろう曲。
震災の話含め、稲葉さんが「C'mon」に込めた気持ちを聞いて、ちょっとしんみり。
この曲も歌詞がステキなんだ。しみじみと歌詞を噛みしめながら一緒に歌ってた。
じんわり、じんわりとしていたら、会場にテープがたくさん飛んできました。
今回は下段だったから、テープを一本取ることができました。
真ん中でチョキっと切って、一緒に参戦した友と二人で仲良く分け分けしました。
写真がその分けた半分です。

f:id:Emmery:20161124200023j:plain

じんわりと聴き入ったから、アンコールの声があがるまでしばし時間が。
アンコール待ちの時間は、恒例のウェーブ。

アンコール1曲目は「いつかのクリスマス」
今の季節ならではですねぇ。これも聴き入りました。
そのあと、間髪入れずに180度切り替わって「ultra soul
どの曲もこの曲もB'zの曲は好きだけど、一番好きなのは?と尋ねられたら、この「ultra soul」をあげます。
なんたって、携帯の着メロにしてるくらいですから。
この曲は、歌全体が私のテーマソングみたいなもの。
自分にとって、宝物みたいな歌です。

夢じゃないあれもこれも その手でドアを開けましょう
祝福が欲しいのなら 悲しみを知り 一人で泣きましょう

夢じゃないあれもこれも 今こそ胸をはりましょう
祝福が欲しいのなら 底なしのペイン 迎えてあげましょう
そして戦う ultra soul

ってね。

最後の最後は、「Calling」
♪この声がきこえるかい?
って、最後にもう一度しみじみ。
とっても気持ちが満たされました。

稲葉さんの「せーの!」で「おつかれー!!!」をやると、LIVE-GYMが終わったと思う。
そして、稲葉さんと松本さんがステージを端から端まで走って挨拶をしてくれる。
本当に素敵な二人です。あぁ、今回もLIVE-GYMに参戦できて良かった。。

セトリは以下の通り。

1.さよなら傷だらけの日々よ
02.さまよえる蒼い弾丸
03.Don't Wanna Lie
04.ピルグリム
05.BE THERE
06.Homebound
07.ボス
08.命名
09.DAREKA
10.SPLASH!(英語Ver.)
11.Brotherhood
12.#1090[千夢一夜]
13.BLOWIN'
14.イチブトゼンブ
15.裸足の女神
16.Liar!Liar!
17.ZERO
18.DIVE
19.ザ・マイスター
20.C'mon

【ENCORE】
21.いつかのメリークリスマス
22.ultra soul
23.Calling