読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fried Pried @ビルボードライブ大阪

ライブ・レポ

ずーっとアップを忘れていたものです。 昨年12月23日にビルボードライブ大阪でFried Priedのライブを鑑賞しました。クリスマスはいつもビルボードライブ大阪でライブをするのが恒例なのだそうです。そういえば、出産後、クリスマスはフラプラのライブがあるんだなーなんて思ってたんだったっけ。

最新アルバムを買った時に、タワレコのインストアライブのチケットをもらっいたのだけど、子どもがいると夕方から出かけられないので諦めたのもあったので、ライブに来れて良かった。

本当なら子どもを預けてダンナ氏と久しぶりに二人きりでデートのつもりだったけど、ダンナ氏は出勤。。この時期に暇だったら、そこは終わってるという業界。仕方ありません。そこで、妹をつれて行きました。

クリスマスなので、シャンパンとお料理のついたプランです。周りはデートと思われる人たちもチラホラ。つい癖で、下手側の席を選んでしまいました。今回は妹と一緒だったからフロアで相席。

時間がきて、Fried Priedのメンバーがステージに登場。リーダーは着ていたジャケットを即、脱いでしまいます。それを見たSHIHOが「すぐ脱ぐなら、どうして着てきたの?」と辛辣な一言。

一曲目はクリスマスらしく「ジングルベル」久しぶりに聴くSHIHOの力強い歌声。

 

今回は新しいアルバム「Evergreen」発売記念ライブでもあったので、アルバムからたくさん演奏します、とのこと。 サポートメンバーとして、斉藤恵さんがパーカッションで参加されました。

次は「Another Part Of Me」アルバム最初の曲です。

その次は、ちょっと忘れちゃった。私は分からなかったけど、長年のファンの間ではメジャーな歌のようでした。

MCでは、クリスマスの思い出をSHIHOとリーダーがそれぞれ話していました。

「Every Little Step」今回のアルバムの中で人気が高い曲なんだとか。ボビー・ブラウンのカヴァーなんですが、当時のPVが、今見たら恥ずかしい感じなんだとか。

「Dr. Feelgood」モトリー・クルーのカヴァーです。SHIHOの青春時代の曲で、リーダーとは年齢差があるから、彼は知らなかったそうです。元ネタを知ると、こんなのもフラプラがやるのかと、感心しますね。ロックです。

今回の「Evergreen」というアルバムは、ラジオのDJさんからのリクエストされた曲をカヴァーしたのだそうです。FM COCOLO(元FM 802)のヒロ寺平さんから「Soul Shadows」をリクエストされたのだとか。私はこの曲がお気に入りかも。メロウな感じがすごく良いんだ。フラプラを好きになったのも、ヒロさんのラジオがキッカケだったので、なんとなく感慨深かった。1stだから、ヒロさん来てないかしら?とライブ中、何度も周りを見渡してしまった私です。過去の経験から、メディア関係の人たちが座る場所はだいたい決まってるみたいだし。

「All by My Self」歌う前にSHIHOがこの歌詞を読んで、内容を話してくれました。確か、こんな感じ。

When I was young
若かったあの頃の私は

I never needed anyone
誰にも頼ろうなんて思わなかった

And makin' love was just for fun
時には愛し合うことを楽しんだりもしたけれど

Those days are gone
そんな日々も遠い昔の話

Livin' alone
独りきりでやり過ごし

I think of all the friends I've known
ふと思い返し、友との思い出を 

But when I dial the telephone
訪ねてはみるけれど

Nobody's home
あの過去たちは帰らない

All by myself Don't wanna be All by myself anymore
もう 自分自身でなんて

All by self Don't wanna live All by myself anymore
もう独りで 生きようなんて思うことなんてないわ

SHIHOは、もう少しバックグラウンドみたいな話もしてたかな。それにしても、なんだか、つい2年ほど前の独身生活を思い出してしまいましたよ。。

この辺りからちょっと記憶が曖昧です。本編最後が「What Cha' Gonna Do For Me」だったのかな。

アンコールでリーダーのオリジナルのクリスマスソングを歌ってたのだったかな。本編だったかな。忘れちゃった。こういう曲を歌い継いでいきたいってSHIHOが言ってた。

アンコールでSHIHOが登場した時、「押尾コータロー!!!」って叫びました。私はネタかしら?と思ったのですが、なんと本物の押尾コータローさんがギターを抱えて登場しました。これには本当にびっくりしました。隣のブリーゼホールで18時半からライブなのに、フラプラの二人に挨拶をしに来られ、そのままアンコールに飛び入りされたらしい。なんとまぁ、贅沢な。これぞサプライズ。もし2ndだったら、公演時間帯がかぶっているから、あり得なかった話です。ラッキーだったなぁ。

私のメモには、「Purple Haze」が最後にあるのだけど、アンコールだったのかしら。本編最後だったような気がする。押尾コータローさんと一緒にこれをやってたっけ??さすがに1ヶ月前の話になってきたら思い出せない。。

とにかく、非常に非常に満足したライブでした。ダンナ氏と来れなかったのがとっても残念でした。でも、妹と話ができたし(これはまた別のエントリにて)気分転換にもなったようだったから良かった。

帰宅して、押尾コータローがサプライズで出てきたのよ、とダンナ氏に話をしたら、ダンナ氏は押尾さんを知らなかったので、知ってた妹の方が価値あったかな、とか。

f:id:Emmery:20161127140124j:plain f:id:Emmery:20161127140219j:plain