読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お見合いで出会った人

あれは、母親に拉致られながら行ったお見合いで出会った男性の一人。

見合いがあることは分かっていても行きたくなくて、
けったくそワルぅ〜
と、相手の写真も釣書も一切見なかった私。
母も心得ていて?待ち合わせのホテルの喫茶室の前で

「今日会う人は、XXさん」

とだけ言った。

その「XXさん」という情報しか知らないで会い、
いつものごとく、二人きりになった後のことだ。
私たちはホテルのレストランで食事をしていた。
なんてことない会話をしていた中、先方さんが

「結婚しても、仕事をしていたいタイプ?」

と質問してきた。
私は一般論として

「そうですね」

と返事をした。
すると

「うん、仕事はずっと続けてくれて良いから!」

のお答え。
驚きのあまり、思わずお箸を握ったまま文字通り、凍り付いてしまった。

だって、だって、まだ会って1時間もたっていないのに、
もう私と結婚するつもりでいるなんて。。。

そんな私を見て先方さんは、

「あ、そういう(結婚する)つもりで来たんじゃなかったのね」

と言った。

確かに今、二人の間で執り行われている者は「お見合い」だ。
でも、私は結婚したくて来たのではなく、親に拉致られてきただけ。。

先方さんの結婚に対する意気込みを目の当たりにし、
驚きつつも、ブルーになる私であった。