読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイスフォロー

「関西にも未婚の男性は数多いるというのになんで最初から希望もしてない関東やねん!」
と、私が吠えた晩、(「ふがいないな」を参照)、
少し前にイトコが紹介してくれた人からメールが届いた。

「秋に友達が東京から関西に転勤してくるので合コンしましょう」
とあった。失礼ながら
神様、ナイスフォロー^^
って思ってしまった。

なんで関東に行かなアカンのや!
と吠えたら、関東から関西にやってくる男あり、と。

男の人が苦手だから、合コンなんてとんでもない!と、お誘いがあっても乗ったことがなかった。会社で
「Emmeryさん、合コンなんてどう?」
と声がかかると、聞こえなかったふりをして、ささささささーっと、かわしてきたし。

けど、この歳になると、苦手も何も。。
一つの出会う方法としては良いのではないかと思うのですよ。
もう、ギラギラしてる歳でもないし(と、勝手に思っている。)

イトコの同僚に叔母オススメの人がいて、この前、紹介してくれたのだ。
2年ほど前から紹介したいと叔母は言ってたけど、私よりも1歳だけど年下のため相手がなかなか「うん」と言わなかった様子。
実際に会ってみて、本人同士はお互いにピンと来るものがなく、イトコに
「同年代の友達ってことで、とりあえず携帯のアドレスくらい交換しといたら?」
と言われて、ほんまに「とりあえず」交換して
「合コンでもしましょうか?」
と提案されて
「そうですね」
と返事して数ヶ月経ってたりする。
叔母はヤキモキしているみたいだけど、しゃーないやんね。

ホンマにホンマに携帯のアドレスを交換して終わってしまうのかな~
って思っていたところ、具体的な合コンの提案があって、
ま、ご縁は大切にしましょう、と。
何はともあれ、出会いがないと始まらないしね。
携帯メールのやりとりも緩く、即レスなんてあり得ない世界。
ゆるくゆるくコミュニケートしてます。

もう出会ってるはず、と、思うこともあるけれど、
いっぱい出会えば、その中で「やっぱりあの人」と思う人が際だつのかもしれないし。
そんなこんなで「婚活」やってるんですよ。