読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

距離感

だめんず

今回、彼氏のところに遊びに行って、今更ながら気づいたことがある。
それは、彼氏と私の距離に対する感覚が違う、ということ。

今回のメインは、引っ越したマンションを見に行くことだった。
彼氏から
「今度のマンションは駅から徒歩10分で近い」
と聞かされていた。
駅から10分は「近い」というにはギリギリのラインかな、
と正直思っていた。
で、実際に行ってみたら徒歩20分かかったんである。
私の歩くペースは人よりも速い方なので、だらだら歩いたらもっとかかる。
「こんなん「駅近」とは絶対に言わねー!!」
と抗議したら
「前のアパートから駅に行くことを考えたら15分は短縮できてるから近い。
自転車だと5分で駅に着くって近い」

なんだと。
前のアパートは駅から徒歩30分弱かかる遠い場所にあったからなぁ。
とはいえ、自転車で5分は徒歩15分くらいに相応すると思うんだけど、どうよ?

投函しないといけない郵便物をわざわざ進行方向とは逆の
信号の向こうにある某大学構内のポストに持って行こうとするので、
「ポストはどこにあるの?」
と尋ねたら
「信号を渡ってすぐのところ」
とのお答え。
ポストが見えないけど、まぁ、いっか、と思っていくと、
1ブロックほど歩いた先にありました。またまた
「どこが『すぐ』やねんな!!! 信号渡ってすぐっちゅーのは、
せいぜい門の側の守衛さんの辺りまでじゃ!!!」

「1ブロックくらい『すぐ』の距離やないか!!!」
と大口論。

別に、私は少しでも歩く距離が長いのはイヤ、と言ってるんじゃない。
近い近いと言われて遠いのがイヤなだけ。
それでなくても大阪からはるばる来てるんだから。
遠い、とか、距離がある、と最初に言われてたら
覚悟して歩くので問題ないですよ。
でもね、近い、と言われて遠いのは勘弁してほしい。

彼氏といると、万事こんな感じなんで、
行く先々で口論になっておりました。