読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリス・イン・ワンダーランド

アリス・イン・ワンダーランドなんばパークスシネマで鑑賞。
もちろん3Dで。
アバターは観なかったのですが、これは絶対に観たいと。
レイトショーだったけど、3Dは割引対象になりません。
連休初日ということもあって、結構お客さんはいてました。

予告編から3Dメガネをかけます。
かけるタイミングは、教えてくれます。
最初は、立体で見えるけど、薄暗くてなんだかなーって思ってましたが、ストーリーが始まると気にならなくなりました。それだけ、ストーリーに引き込まれた、ということですね。

ティム・バートンの映画なので、ファンタジーだけど、甘いだけじゃない大人味のメルヘン、かな。ちょっとグロいシーンもあったり。
もちろん、ジョニー・デップも出てくるのですが、マッドハッター役だから言われなくては全然分かりません。

不思議の国のアリス」のアリスが19歳になって、、というところから始まります。貴族からの急なプロポーズに驚いたいると、そこに服を着たウサギが出てきて、後は、あの「アリス」の話です。もちろん、そのまんまじゃないですが、各々のキャラクターが小説よりも、もう少し狂気が足されて濃いぃ感じになってました。

3Dだから、何かが飛んできてぶつかりそう!とか、映画を観ていてヒヤッとすることがあって、それはそれで面白かったです。
アリスと一緒にアンダーランド(ワンダーランドじゃなくて)に行った気分。
19歳のアリスは、かなり現実的で、夢は見るけど、シュガーな夢じゃなくてインディペンデントな夢。ストーリーの最後、それがまた興味深かったです。

一応、子ども向け映画なのかな。
英語がかなり分かりやすかったです。
タニタ笑うネコ、ってなんて言うのかなって思ってたら
単に「smile」って言ってて、あれ?みたいな。
他にもそういうの、あったなぁ。
今度、原作を英文と和文で読み比べてみたいな、と思った次第。