読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一度、カーネーション

たまにはテレビ

BSプレミアムで、NHK朝の連続ドラマ小説「カーネーション」の再放送を見てます。

当時、テレビをほとんど見ていなかった私が、偶然つけてハマッた朝ドラです。あれから朝ドラを見るようになったのです。
カーネーション」は、本当にハマりまして、DVD BOXまで買いました。もちろん、DVD BOXでも見てます。でも、毎日テレビで話が進んでいくのは、また違う楽しさがあります。何回も繰り返し見るに耐える、というか、見たくなるドラマってあるんだと思いました。

それに引き換え、今期の朝ドラ「花子とアン」は面白くない。。
カーネーション」と同じ、実際にいた人物をモチーフにした作品なのに。
赤毛のアン」が好きだから楽しみにしてたけど、面白くなくて先週くらいから脱落してしまいました。ちょうどEテレが子ども番組やってる時間帯ですしね。

その日の起床時間によって変動しますけど、
6時35分から「日本語であそぼ」「キッチン戦隊クックルン」「0655」「シャキーン」
7時15分からBSプレミアムで「カーネーション
終わったらEテレに戻して「ピタゴラスイッチ」・・
という感じになってます。

うっかり寝坊した日は、DVD BOXから該当の回だけ見るという念の入れ具合です。ちょうど周防さんが登場した週で、結果的に不倫になってしまったわけですが、同じ不倫でも「花子とアン」と「カーネーション」では人物の心情の描き方が違いすぎて。「カーネーション」は本当に秀逸なドラマと個人的に思っています。後もう少し、朝の時間が楽しめます。

次のBKの朝ドラ「マッサン」は、これまた実際にいた人物がモチーフです。森瑤子の「望郷」がとても好きなので、楽しみにしているのですが、脚本しだいですから、どうなりますやら。(実際のドラマの原作は「望郷」ではなく、別の人が書いた物語なんですが)