読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪市内某所にて

friends' works

大阪市内某所へ、大学時代の友人がやってるバンドの
ライブを見に行ってきました。

ライブのお知らせをもらってから、
「ライブいかがですかー」
と、ジャンカラの呼び込みよろしく友達に声をかけてました。
でも、そんなに声をかけられなくって。
Emmeryが声をかけたらこんなに人が集まる
みたいなことをしたかった訳でもないんでね。
とはいえ、
声かけてもらわなかったよ、
という人はごめんなさい。

彼はベース担当なんですが、演奏が始まって彼のベースの音を
聴いた瞬間、なんだか妙な懐かしさに包まれて涙が出そうになりました。
演奏しているのはFankなのに、心の中は過ぎ去った日々への
なんともいえない切なさがありました。

懐かしい音を聴いているからでしょうか、大学時代のことが
次々と思い出されて仕方ありませんでした。
それも、お酒で酔っぱらった時の事とか、コンパで見せたエグイ芸とか
今じゃやりたくもない一気呑みのこととか。。
何故か思い出すのは、ダサくて格好悪くて、今では
こっぱずかしいことばかりでした。
大学時代、しかもサークル活動は青春時代というより
自分にとっては灼熱の時代でした。
とんでもなく熱くて、その熱さゆえ、ダサいことや格好悪いことを
引き起こしていました。

サークル活動そのものは、いろいろあって楽しいことばかりではなかったし、
揉め事のおかげで彼は3回生が終わった時点でサークルを辞めてしまって
ベースから遠ざかった時期もあったらしいけど、
今、楽しそうにベースを弾いている彼の姿を見て、
再び楽器を手にしてくれて良かった、と思いながら、
うらやましかったです。
私も、ハーモニカと仲直りをしようかと思います。

そして現役時代はいろんな仲違いがあったりしたとはいえ、
今でも良き仲間でいられる友人達に心から感謝。