読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初々しかった頃

だめんず
つきあい始めの頃、彼氏に友達から電話がかかってきて

「新しい彼女ができた」

と言ったら、その次に必ず聞こえてくるセリフがあった。

それは

「日本人」

という一言。

なんでそんなセリフが出てくるかと言うと、
彼氏にとって、私は初めての日本人の彼女だったのだ。
最初がドイツ人、次がアメリカ人ときて、私。
仲良しの友達のほとんどが外国人で、親友はスペイン人。
彼氏の友達と遊びに行ったりすると、みんな国籍が違って
驚いたもんだった。

そんなんだから、友達に「新しい彼女ができた」というと
二言目には

「今度はナニジン?」

と質問されたらしい。
彼氏が「日本人」というセリフを言うたびに、
あぁ、また尋ねられてる、と思ったもんだ。

日本人とはいえ、つきあい始めた頃は、3年半に渡る
アメリカ生活を終えて日本に帰国して半年足らず。
日本人だけど、いわゆる「帰国子女」ってやつだったので、
当時は外国人寄りだったのではないか?と思う。

今じゃEmmeryの彼氏は「だめんず」と言われることが多いが、
日本に帰国したての頃の私にとって、
破天荒な生き方をしてきた彼氏が楽だったんである。