読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラブル

初マタ日記

検診でおなかの子が無事に成長しているのを確認すると共に、引っ越しをしたことについて、ちょっとばかしお医者さんからお小言をくらった週明け、トラブルが発生しました。

結婚式を翌週に控え、最後の打ち合わせなどで週末バタバタしていました。ちょうど、つわりも治まり、身体も気持ちも楽になっていたので、調子に乗ったというか、忙しさにかまけて、動けるがまま動いたのが仇になったのかもしれません。

忙しかった週末が明けた月曜日、さすがの私もグタっと家で過ごしていました。夕方遅い時間、トイレに行って出血していることを発見。茶色なら心配しないのですが、それも鮮血。病院の診察時間も終わってるし、大量出血ではなかったので、様子を見ることにしたのですが、一瞬にして血の気が引きました。

最悪、切迫流産で緊急入院ということもありえるかも?!

とりあえず、落ち着け、落ち着け自分。。

横になって深呼吸をして、その頃飲んでいたバッチフラワーレメディを、気が向くままに何度も飲んでいるうちに、気持ちが落ち着きました。

こんな時は、安静にするしかないので、ひたすら横になってました。ダンナ氏が帰ってきて、寝る前に「実は。。」と、出血の話をして、翌朝まで様子を見て、出血が止まらないようなら、病院に行くと伝えました。口に出したら、こらえていた気持ちが溢れて、シクシク泣いてしまいました。

引っ越し作業は、なるべく重たい物は持たないよう、無理しないようしたつもりでしたが、つい、これまで通り、自分が動けるがまま動いてました。そこに週末の忙しさもあり、身体に相当負担がかかってしまっていたようです。

もう自分一人の身体じゃない、ということを強く強く自覚させられた出来事でした。

ダンナ氏は「仮におなかの子が残念なことになっても、Emmeryが死なないなら、それでいい。」と。

その日の夜は、ほとんど眠れなかったです。SMSのクチコミで調べたり、レメディを飲んだりしながら、過ごしました。

幸い、翌日には出血が止まったようで、どうしよう。。と思いつつ、結局はお医者さんに行かず、挙式前の用事を予定通りにこなしたのでした。ただ、最低限の用事以外は全てキャンセルして、残り時間はひたすら横になって安静にして過ごしました。

大量出血ではなかったので、この時期にできることは、安静しかなかったようです。

最悪の場合、挙式も新婚旅行も直前で中止を覚悟せざるを得ない事態でしたが、本当に大事に至らず、良かったです。

振り返ってみて、この頃の無理(自分としては無理したつもりはなかったけど)が、現在の安静生活を招いたかも。。と思ったりもします。