読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROLLYグラムロック歌謡を唄う@心斎橋JANUS

最近の私のブログって、映画感想文かライブレポのどっちかがほとんどやん?
で、今回もライブレポなのです。

最近、岡村ちゃん♡ だの、ハマくん♡だのと騒いでおりますが、久しぶりにROLLYのライブに参戦してきました、YO、と。

ROLLYグラムロック歌謡を唄う
~ミニアルバム発売プレTOUR 先行視聴ライブ!~
グラム・ロッキー 歌謡ローリーホラー・ショウ!
グラムロックと麗しの歌謡曲 そしてロッキーホラーショー

今年最後のROLLYソロライブとのこと。
今度発売する予定のグラムロック歌謡のミニアルバムに収録する曲を決めるコーナーもあるってことで、楽しみにしておりました。
そして、ついにROLLYツイッター始めちゃったんですよねぇ。
前日だったかな、今回は、すかんちも演奏する、みたいなツイがあったので、それはそれは楽しみ♪と。

会場は、心斎橋JANUS
ちょうど心斎橋CLUB QUATTROが閉店した翌日でしたので、ふとQUATTROがあったら、JANUSじゃなくてQUATTROだったのかしらん。。
などと思いめぐらしておりました。

当日は、ひっじょーにお疲れモードな状態で、昼間は会社のBBQ。
そこから、いったん帰宅してJANUSまで間に合うか?と、頭の中で計算しつつ、着替えて靴を10cmヒールに履き替えてダッシュ。
開場直前にJANUSに到着。長堀寄りで良かった。。

だが、しかーし!(カトミキさんのユニコーン ライブのラジオCM風にね)
元々体調がよろしくないところにアルコールを含む飲み食いをして、疲れたところ、更に走ったものだから、かなり気分が悪くなっておりました。

整理番号順に会場に入ったら、前の方はバッチシ詰まってます。
ふと、足下を見るとステージから人で3列は厳しいかな、というラインに段差。。
なんでこんなところに段差が。。5cmの段差はチビの私にはきつい。
10cm高くなる靴を履いていても、帳消しになってしまう。。
ROLLYは大丈夫だけど、これで本気のモッシュで後ろから押されたら躓くなんてもんじゃなくて、かなり危ないんじゃないかなぁ。

そんなことを考えているうちに時間が過ぎ、開演時刻を過ぎます。
メガネかけて準備しよ、と思ったら、メガネがない。。
ま、メガネがなくても見える距離なんですけど、なんかショック、
というか、テンションがダダ下がり。

SEは、70~80年代の歌謡曲が流れており、今日はこの中からやるんかいなぁ、みたいな。
ライブそのものは、15分押しで開始。

メンバーが登場して、歓声が起こり、ひときわ大きな歓声があがったら、
そこにはROLLY

 

1曲目は、Grave Digger
最初のドラムがトキメキます。。
初期のウルトラロケットマンみたいでさ、始まった!って気分になる。

2曲目は、伝説のスカンチンロールショウ
すかんちをやるとツイッターでつぶやいてたけど、最初からこう来るとはなぁ。
スカンチンロールショウは、オリジナルのノリとは少々違って、グラム風味、なのかな。

そして、いつものセニョール、セニョリータ、のご挨拶。
ゴリゴリ ゴリゴリやるからね。
と言うのを聞くと、いつものROLLYだと思う。

今回のROLLYは、胸元がぱっくり開いた青いジャンプスーツにチャンピオンベルトのようなベルト。ぱっくり開いた胸元には蜘蛛のモチーフのチョーカーに蜘蛛の巣をモチーフにしたキラキラしたアクセサリー。縁にキラキラのついたサングラスをかけてました。足下は最後まで見えなかった。

New ROLLY Band のメンバーは、若い人たちばっかり。
ギター:あらケン
ベース:御供信宏
ドラム:ボボ
キーポード:村原康介

最近、NHKにすっごく好かれてまして。。と、NHKの番組のテーマ曲、と演奏したのですが、曲を聴きながら
「あれ??なんか違うんじゃない??」の嵐。
Steel Rock ! FEVER !
Steppin Stone
でしたかね。2曲続けて演奏して、終わった後、
「鋼鉄のハードロッカーから」
と曲名を紹介したにも関わらず、ここで自分の曲前トークと実際の曲が食い違っていることに気づかないROLLY

ここからグラム歌謡のコーナー。
「果てしなきグラムロック歌謡の世界」というオムニバスにROLLYピンクレディーの「SOS」と「私のアイドル~歌は生きている」の2曲歌っているのですが、その「SOS」をパフィーがとても気に入って、コンサートの入場時のSEに使っているらしい、だから、今後、パフィーとコラボすることがあるかもしれない、なんて話した後、
パフィーじゃなかった、ユニコーンだった」
と、なんでパフィーユニコーンを間違えたのかよく分からない発言。

「果てしなきグラムロック歌謡の世界」ってオムニバスが出たけど、みんな、知らんよね?
と、相変わらず自虐MCのROLLY。すまん、私は知らんかった。
会場に入った時、物販で見て、「あー、こういうのが出たんやなー」
と知った次第。

グラムロック歌謡のコーナーは、
キャンディーズ「あなたに夢中」
「やさしい悪魔」でも「年下の男の子」でもなく「あなたに夢中」なんだと。

ランナウェイズ「Cherry Bomb」
ジューシーフルーツのイリアさんが、ジューシーフルーツの前にやっていたGIRLSというバンドのバージョンなんだそうで。
当時の歌本には「Cherry Bomb(さくらんぼ爆弾)」となっていたとか。
チチチチチチチチ Cherry Bomb が耳につきますなぁ。

 

フィンガー5「個人授業」
自分よりも年下なのに「先生のパンティラインに萌え~!!!」なんてことを歌っ
ていたなんて、というようなことを語っていたような。

ポピーズ「恋は気分」
気分なの 気分が大事♪
がポイントなんだそうで。
好きだったけど、売れなかったってな話をしてたな。

戦隊モノの好きだったと、ウルトラマンに始まり、いろいろ戦隊モノをあげてくれるのですが、どこからか「それ、ちゃうって」みたいなのも混ぜていてどこまで本気かウソなのか。。(笑)
そして「マッハバロンのテーマ」
YouTubeで聞いたら「ROLLYが歌ってるって思うよ」だって。
帰ってからチェックしてみたら、確かに確かに。
何も知らないで聞いてたら、昔の曲って分からない。
最後まで歌ってから、イントロの歌い出しが大切なんだと解説をして、もう一度イントロから歌い出しまでやって、さらにもう一度頭からワンコーラス演奏して、、と、アピールされておりました。
相当お気に入りの様子。


YouTube: アオシマ 合体ロボット マッハバロン OPテーマソング mazinger

 

最後にピンクレディー「SOS」をやって、このコーナーはおしまい。
ROLLYは、風邪をひいて、時折、ゴホゴホやってました。
で、たまに「これはウソ」とか言ったりして。
2年前のように、翌日の東京公演がROLLYの体調不良で延期にならなければ良いのだけど。。なんて思ってました。

後半は、ちょっと忘れちゃったなぁ。覚えてる範囲で。
「He is so fine
イントロの「ROLLY!」の合いの手がおとなしくて、思わず
「これはノッてやっていこう」
とやり直した次第。2回目は、皆、大きな声で手も上げて
ROLLY!!」
ってやりましたさ。

「僕はジーザス」
ドクターもShima-changもいないと、なんだか違う曲みたいっていうか、
No No No!の高音コーラスがないと、なんかちょっと物足りないのーって自分で高い声で歌ってみた。
One more time って、最後、遊んではりました。

ここでやっと「さっき曲の紹介を間違えてた。NHKのテーマソングは次だった」
Rock 'N' Roll TV Show をやっていたような。

本編最後の曲、なんだったっけ。
忘れちゃった。

アンコール

まずは、来年年明けの「ロッキーホラーショー」の宣伝。
19年前にやったという話を聞いて「うん、その19年前のロッキーホラーショー見に行ったよ。」と心の中でつぶやいてました。来年1月の予定ってまだ分からないけど、1回は見に行こうと思います。ROLLYの出演がなくても、「ロッキーホラーショー」は大好きですから。アメリカで学生してた頃、皆、この映画とテーマ曲は好きだったなぁ。ちなみに英語では「Rocky Horror Picture Show」って言うんですよ。

「Saturday Night」
グラム風味の「Saturday Night」
S・A・TUR・DAY, Night!
って、最後の「Night!」は元気良くいきたい気持ちになるけど、
ROLLY版は同じ調子です。キャピキャピ感の代わりにグラムな「Saturday Night」
これはこれで好きだけど、
S・A・TUR・DAY, Night!
のところだけは、ちょっと違和感、というか、自分が「Night!」って弾けたかったんやな。だって、土曜の夜だったんだもの。

最後の最後は、ロッキーホラーショーから「Science Fiction」
何回も「One More Time」ってラストをやってくれ、最後はステージに幕が引かれて、あぁ、これで終わりなのかと、くるりと後ろを向いて帰ろうとしかけた瞬間、
「One More Time!!!」と、また幕が開いてエンディングを繰り返し。
やられた。。と思った瞬間でした。
こういう遊びが楽しいです。円熟バンドならでは、かな。
今度は本当に終わりでした。

今回はライブ終演後にサイン会があったのですが、
実は私、こういうのが苦手なのでパス。
憧れの人は雲の上にいてほしいタイプなので、
お近づきになりたい欲がまるでないのです。。
元気やったら並んでたかもだけど、体力も気力も限界に達しかけていたので、アンケートを書いたら、ソッコー帰りました。
JANUSから自宅まで20分あれば帰れるので、サイン会がまだまだ繰り広げられている間に私は自宅に帰りつき、ツイッターで2、3つぶやいたら、疲れが出てそのまま21時半には寝落ちしてしまった。。のであります。