読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THIS IS IT

映画

「THIS IS IT」を、なんばパークスシネマにて鑑賞。
金曜日のレイトショーが観客でいっぱいでした。

6月に亡くなったマイケル・ジャクソンが、夏にロンドンで開催するはずだったコンサート「THIS IS IT」のリハーサルとその舞台裏を収めたドキュメンタリー。

50歳だけど、キレの良いダンス!歌も素晴らしかった。
そして何よりも、音楽に対する妥協のなさ。
もっと上へ、もっと完璧に、という姿は、すごく神々しかった。
1曲1曲、本当に盛りだくさんで、これが実際の公演になった時、どんな風になったんだろう、幻になってしまったことが残念だと本気で思ってしまった。

途中から座って見ているのがちょっと苦痛になってしまった。
つまらないとかじゃなくて、身体に響くビートとリズムに、腰の辺りがうずうずしてしまった。

音楽もだけど、マイケルのメッセージにも心打たれました。
環境問題に関しても、「誰かがやってくれる」じゃなくて「今、自分たちから始めなくては。」と。

それにしても、マイケルの身体の薄いこと。
首だけは太いのね。やっぱり歌う人なんだ。
華麗なダンスと歌に、彼は妖精ではないかと思った。

エンドロールの終わった最後の最後まで魅せてくれる映画です。
映画が終わった時、拍手が起こったのが印象的でした。