大奥

ここ最近、よしながふみさんの男女逆転の「大奥」にはまっています。

1巻が発売された時から読んでるので、15年は読んでることになります。最新刊の18巻が、江戸時代の終わりが見えてきたので、以前のものを読み返していたら、何度目かの沼に落ちた感じです。

男女逆転はしているものの、史実にかなり忠実なのが面白いのです。もちろん、赤面疱瘡に関しては完全にフィクションですけど、これが今のコロナウイルスを想像させてしまうからか、ツボなのです。

最後の大奥総取締役の瀧山のエピソードが特に好きで、NHKの「英雄たちの選択」で瀧山に関するスペシャル番組は何度も繰り返し見てしまいました。草刈民代さんが演じる瀧山がとても素敵で。。

ちょうど18巻はその番組の中のエピソードが出てきたこともあって、男女逆転させても、こんな風に描いていくのね、と感心しきり。終わりが見えてきたけど、最後の最後まで気が抜けない話だと思っています。

はまりすぎて、1巻から18巻まで読み返すだけでなく、映画まで見直してしまいました。もちろん2作とも。映画館でも見たし、DVDも持ってるのですが、Amazon Primeで見ることができるものだから、お手軽にタブレットで鑑賞。テレビで放映されたドラマは録画してなくて見返せないのが残念。

どんだけ大奥にはまってるのやーってなくらい、最近はずーっと「大奥」の世界に浸っております。

 

大奥 18 (ヤングアニマルコミックス)

大奥 18 (ヤングアニマルコミックス)