読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぉ

怒濤の忙しさが続いていて、とてもじゃないけど人手が足りないので、助っ人をお願いした。
電話で話をしてみた感じ、やや幼い感じがしていたので、どんな人かな、
と思いつつ実際に会ってビックリ。
とんでもなくカワイイ女の子であった。
うちの会社に似合わねー♡(良い意味でね)
少し前に我がチームにお招きした新人さんは、カワイイというよりも美人さんで、その時もこんな美人さんが来るなんて。。と思ったものだ。

とかく、我がチームは過酷に忙しいので、お顔がカワイイだけで仕事ができなきゃ困るんだ。仕事の理解と働きが良ければ、助っ人じゃなくて正式に我がチームの一員としてお招きしても構わないと仰せつかったので、(本人が希望すれば、だが)今回の仕事を教えながら作業してもらいながら
様子を見させてもらう予定である。
とはいえ、「助っ人を頼んでいる=忙しい」
助っ人への仕事の指示&フォロー&その他諸々のお世話は、当然、マネージャの私が担当なのでしばらくは駆けずり走りまわってそうである。
外から来てもらうから、かなり気を使うんやなぁ。
助っ人に来てもらうとそれでなくても忙しいところ、更に私の仕事が増える、というのが実際のところである。

すこーし前までは新人さんを迎え入れたり助っ人を頼んだりするたび
「あなたの担当部署の責任者は、Emmeryです」
と書かれた書類を見て、うおぉぉ、私がそんなぁ・・とか思って恐れおののいたものだけど、成長したもんだ。