読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fried Pride @ビルボードライブ大阪

9月19日にビルボードライブ大阪までFried Prideのライブを観てきました。

f:id:Emmery:20161126074114j:plain

ラジオ大好きで、長年FM802を聴いてますが、FM802がキッカケで好きになったアーティストです。FM802というか、毎朝聴いている Hiro T's Morning Jam の影響ですね。ヒロさんの番組では、よくFried Prideが流れるので、いつの間にか好きになって、アルバムを買うようになりました。ギターとボーカルの二人組なんですが、そんな風に思わせない迫力。

7月終わりにギターの横田さんが大阪でキャンペーン中に脳梗塞で倒れたという話や、その後の回復状況もヒロさんのラジオで知ってたのですが、ものすごーく深刻だったのに、驚異の回復をされたようです。

カジュアルが全公演完売でしたので、久しぶりにサービスエリアで楽しみました。席に案内してもらったら、
「ブランケットとクッションをお持ちしましょうか?」
と言われて、妊婦になってから、こんな風に案内してもらうの初めてかも、と、ちょっと嬉しくなりました。

定刻にライブが始まりました。
1曲目は、とってもスローな「Close to You」
歌い終わったら、SHIHOが、「ただいま~!!!」と叫んで、2曲目は「Summertime」新しいアルバムの1曲目です。「Summertime」に関しては、今でもジャジカルでROLLYが歌ってた「Summertime」が忘れられずにおります。でも、フラプラの「Summertime」も非常にカッコ良くて好きです。

続けて3曲目は、「9 to 5 (Morning Train)」 スローなのとハード目なものと緩急があって良い感じ。この曲の後、改めてMC。

「ちょっと!おじいが復活したの~!!!」というSHIHOの言葉を皮切りに、7月末に横田さんが倒れた話など。今回は、新しいアルバムのツアーだけど、彼女的には横田さん復活ツアーなんだとか。そりゃあ、そうでしょう。倒れて2ヶ月未満でツアーやってるってスゴい。MRIの見立てでは、半身付随になって、もうギターは弾けないって話だったそうです。本当に驚異の回復力です。今回の病気をキッカケにタバコを止めたそうで、「その副作用で、指が楽々動くようになってギターが上手になっちゃった」と言ってた横田さんが、お茶目でした。

MCとメンバー紹介の後は、「Take Five」
横田さんが、「この曲は5拍子だから、手拍子をすると、1拍目がどこか分からなく分からなくなるんだよね」と言ってたのですが、「ずっと叩いてたら、どこかで合うわよ」ってSHIHOが切り返してました。フラプラは、二人組なのに、横田さんのギターがとても巧妙と言いいますか、メロディアスだけどパーカッシブで、絶妙なグルーヴを生むんですよね。

続けて「CAESAR'S DREAM」最近、ノエビアのCMで使われてる曲です。フラプラの二人が今回の公演の為にオリジナル・カクテルを作ったのですが、その一つが「CAESAR'S DREAM」試してみたかったけど、残念ながら、私はアルコールがNGでしたのでね。。

そして「CRY ME A RIVER」この曲の歌詞は、ドロドロした恨み節なんですが、なぜか子どもの頃からSHIHOはこの歌が好きだったのだとか。私もこの曲は好きですが、ちゃんと歌詞を知らなかったなぁ。「涙を流すなら、川になるくらい泣きなさいよ」なんてね。

子どもの頃は、歌手になるとは思わず、ロックが好きで、ロックやハードロックをいっぱい聴いてきたから、私の歌にはロックの心があると思う、と言って「WALK THIS WAY」エアロスミスの曲やったんですね。SHIHOの声は、本当に迫力満点で、圧倒されまくりです。次の曲も有名な曲だったけど、ど忘れしちゃった。

本編最後は、「横ちゃんのギターを聴いてもらわないとね」と「DIG IT!」

アンコールは、「BAD」マイケル・ジャクソンのカバーです。私は今回、フラプラのライブ初めてだったので分からなかったのですが、曲中に客席でのお約束があるみたいですね。

そういや、Call & Responceをやってたのはいつだったかなぁ。横田さんのCall & ResponceをSHIHOが「昭和だね」と小バカにして、「じゃ、かっこいいのをやってみてよ」って言ったり、そんなに大きな会場じゃないけど、ウェイブをやろうって、客席全体でウェイブをしたり。1stだけど、ほぼ満席でしたもんね。

とてもノリが良いと聞いていて、楽しみにしていましたが、期待以上でした。私が行った19日は二人でしたが、20日はパーカッションが入った三人編成とのことでしたので、より迫力があったんでしょうねぇ。