読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取り越し苦労

<Emmery Annexの過去ログ>

心配」を書いた時に「取り越し苦労」についても一緒に書こうと思っていたのですが、なぜか飛んでしまったので、ここでご紹介。

去年の秋くらいからずっとはまっている内田樹さんの師匠の師匠にあたる中村天風先生の教えに「七戒」というのがあり、それは
「怒るな、恐れるな、悲しむな、憎むな、悪口を言うな(言われても言い返すな)、取り越し苦労をするな」
というものなのだそうです。

その中の取り越し苦労について内田先生が、
時間を先取りして、まあこんな程度のことが起こるのであろう、
とある程度の未来予測をして、さらに未来予測の中のネガティブなファクターだけを拾い出してゆくことを取り越し苦労と言い、未来というのは何が起こるかわからないから未来なのに、それをわかったつもりになって、その上、起こるか起こらないかわからないことのうちのマイナス要素だけを確実に起こることだと思いこんで苦しむなんて傲慢だ、
と言っておられます。

少しくらい先のことを心配してもいいんじゃないって思ってましたけど、これを読んで私の「心配」観が変わってしまいました。

「怒りや嫉妬と同じくらい人間の心身を蝕む有害なもの」
と内田先生は言っておられるのも、最初はそこまで言うか、と思っていたのですが、「心配」というエントリを書いている内にその意味が分かってきました。

今、この瞬間を大切にせず、まだ起こってもいない未来のネガティブな部分だけを取り上げて苦しむなんて有益じゃないですよね。
またエラソーなこと書いてますけど、私も取り越し苦労をすぐやってしまうので
「先のことを考えすぎずに、今、ここでできる最善を尽くす」
を最近の目標にしています。

身体(からだ)の言い分

身体(からだ)の言い分

  • 作者: 内田 樹, 池上 六朗
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 単行本
 

 

銀河の月14日 KIN53/用心深さを引きつける 赤い磁気の空歩く者