読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非難する人

<Emmery Annexの過去ログ>

久しぶりに「インナーメッセンジャー」からインスパイアされたことを。

誰かを間違っている、と非難する人の心の中にはかつて自分自身が間違っていると非難され続けてきたことへの深い悲しみが存在しています。(7/5)

このメッセージを読む前から、他人に対して怒っていたり、非難している人を見かけると、その人自身も同じ目にあってきて、納得できない思いが残っているから自分と同じような人を見ると、自分がされたことをその人に対してもやってしまうのだろうな、と感じていました。
「人のふり見て我がふり直せ」と言いますが、自分が他人に対して感じる何かは自分自身のことであることが多いです。
「あの人の・・・がイヤ」と感じたら、その「・・・」は自分自身がイヤだと思っている部分だと言い切っても過言ではないかな、と思います。

私自身、他人を非難したくなることは、頻繁にはないのですが、人間ですからやっぱり時々、「キーッ」となることがあります。そんな時、自分の心に問いかけてみると、果たせなかった思い、とでも言うのでしょうか、相手に対する嫉妬みたいなものが出てきます。そして、「相手の問題じゃなくって、私自身の問題なんだ」と分かると、すーっと苛立ちが消えていきます。

それが分かってから、怒っている人や非難している人を見ても、とりあえずは怖くなくなりました。仮にそれが自分に向けられていたとしてもその人自身が抱えている問題を私に向かって吐き出しているのだ、と感じられるようになりましたから。
とはいえ、避けられるものなら避けたいですけどね。

宇宙の月12日 KIN191/幻想を実感する 青い太陽の猿