読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

55 少しこだわったもの

ぼんやりしていたら、下書きのままアップするのを失念していたエントリが。。
早く「お嫁さまへの道」も完結させないと、赤ちゃんが産まれちゃう。。
と言う訳で、再び「お嫁さまへの道」 今回は第55話。

なるべくシンプルに行いたかった披露宴ですが、少しこだわったのは音楽。といっても、自己満足ですけどね。

式場から、場面場面で使いたい音楽があれば提出するように求められます。
10代の頃から、自分が結婚する時、米米クラブの「浪漫飛行」を使いたい、と思ってましたが、いざ、となると、日本語の歌詞のものは、なんとなく恥ずかしくて使いませんでした。

ダンナ氏も「ここでしか、自分は役立てない」などと言ってましたが、なかなか選曲している時間がなかったようです。で、ダンナ氏の友達が、結婚式にオススメのBGMをなんと3枚CDに焼いて、おすすめのシーンなどのコメントを1曲ずつ書いてプレゼントしてくれました。「プレゼントしてくれたからには、1曲くらいはこの中から使わないと。。」と言ったら、「そんなの全然気にしなくていい」って。でも、やっぱり全然使わないのは申し訳なかったので、ケーキカットの時のBGMは、ダンナ氏の友人おすすめを使いました。

以下、参考までに使ったBGM

★ 披露宴のゲスト入場時

「FAKE BOOK II」 大橋トリオ
洋楽を大橋トリオがカバーしたアルバムです。大橋さんの歌声って、α波かマイナスイオンが出てる感じがして、好きなんですよね。何曲目まで流れたか分からないけど、アルバムの頭から流してもらいました。まさしくバックグラウンドミュージックで、多分、誰も意識して聴いてないと思います。

★ 新郎新婦入場(和装)

「万賛歌」 葉加瀬太郎
和装なので、ちょっと和のテイストがある曲を、、と探しました。吉田兄弟などもチェックしてましたが、入場して歩くことを考えると、一番良い感じがしたのが、葉加瀬太郎の万賛歌でした。本当は、→Pia-no-jaC←の「結婚行進曲」を使いたかったのですけど、和装じゃ合わないね~、と諦めました。お色直し入場であれば、→Pia-no-jaC←の「台風」が使えたかな。でも、最初の入場で「台風」は、ちょっとないかもですね。

★ 乾杯
交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱」 第4楽章」 →Pia-no-jaC
いわゆる「第九」ですね。「かんぱ~い」の後、有名なフレーズからスタートさせたかったのですが、開始何秒後から、なんていう指示が面倒だったのと、うまくいかなかったら困るので、HIROのカウントから流してもらいました。

★ ケーキカット
「君の瞳に恋してる」 BOY TOWN GANG
ここでやっと、ダンナ氏の友達おすすめBGMを使わせてもらいました。


YouTube: BOY TOWN GANG - Can't Take My Eyes Off You ''MELODY DISCO 1982.divx

歓談などは、本当に本当にホテルおまかせのBGMです。ま、誰も注意して聴いてないですし。

★ 新婦お色直し退場
「MOVIN' feat. Maia Hirasawa」 SOIL&"PIMP"SESSIONS
後半は、ちょっと大人~って雰囲気にしたかったので、その前哨戦、みたいな感じで。



YouTube: SOIL&"PIMP"SESSIONS / MOVIN' feat. Maia Hirasawa special Ver.

ダンナ氏の一時退場は、ジャーニーから選曲してました。

★ お色直し入場&キャンドルサービス
「Relight My Fire」 quasimode
後半は洋装なので、音楽もちょっとカッコ良い感じでセレクトしてみました。入場なので、イントロが華やかな曲を。quosimodeを披露宴に使う人って、そういないだろうな、と自己満足。


YouTube: quasimode「Relight My Fire」 PV

キャンドルサービスは1曲の時間では終わらないから、quasimodeからもう1曲。
Ascension (The Land Of Freedom Part2) feat. akikoを使いました。You Tubeは、これの元ネタです。



YouTube: Quasimode - The Land of Freedom

後半は余興をしたり、でしたので、特にBGMはなく、新郎挨拶で、再度ジャーニーから選曲してましたね。

★お開き
「PEACE」 →Pia-no-jaC
一番最初に選んだBGMが、この「PEACE」。この曲から広げていきました。もっといっぱい→Pia-no-jaC←の曲を使いたかったけど、2曲が精いっぱいでしたね~ 

誰も聴いてないと思うけど、ゲスト見送りは、「PEACE」が収録されているアルバム「暁」を頭から流してもらいました。見送りで外にいたので、全然聞こえなかったですけどね。

本当に、自己満足なこだわりでありました。