読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

B'z LIVE-GYM 2010 Ain't No Magic@京セラドーム大阪

2月26日に京セラドーム大阪で B'z LIVE-GYM 2010 “Ain't No Magic” に参戦!

今回のアルバム「Magic」を聴いて、どうしてもどうしても行きたかった、心待ちにしていたLIVE-GYM、本当に楽しかった。
B'z のLIVE-GYM は、通算4回目。毎回思うけど、B'z のLIVE-GYM にはカタルシス効果がある。
とにかく一緒に歌って、歌って、声の限り歌って、叫んで、コブシを振り上げて。。夢のような時間でした。

今回は金曜日だから仕事を終わってからの参戦。
定時にダッシュで退社して、京セラドームへ。
あいにくの雨で靴の中にまで水が。。
今回は座席が入場時に分かるということもあり、開演に間に合うように中に入れるか少し心配したけど、その辺りはスムーズでした。
グッズも無事に買うことできましたし。

座席はステージに近いスタンド。ステージを斜めから見ることになるので、ステージは近いけど、奥まで見ることができない、ちょっと残念な位置。今回のLIVE-GYMは、とにかくステージセットもさることながら、いろんな仕掛けがたくさんあって、まさに「Magic」でした。

とにかく楽しみにしていたので、やっとB'zに会えると思うと始まる前はもう胸がいっぱいになって、せっかくのたこ焼きにも食指が動かないという、非常に私らしくない状況でありました。

相変わらず長くなりそうなので、この後は「続きを読む」設定にします。

f:id:Emmery:20100228101015j:plain

最初、客電の半分が消え、キタ!と思ったけど、そのままSEが2曲。
全部消えて、やっと開始です。スクリーンにオープニング・ムービーが映し出されます。荒野から都市ができていき、その都市が核爆弾みたいなもので破壊され、なんかシュールだった。その後は、譜面の上にポタッポタッとドクロの目鼻みたいなのができて、その形状がいろいろと変わってそれはそれでまたシュール。
そのうち、松本さんのギターが鳴り始め、「Magic」を基調としたフレーズだけど、映像にシンクロするように、どことなくシュールな曲調。
しばらくしたらモニターにギターを弾いている松本さんが映し出されどこで弾いてるの?と思っていたら、どうやらステージセットの上の方から降りてきた様子。巨大なステージセットの左右が指のように持ち上がっていきシュールなギターのフレーズから聞き覚えのあるフレーズに変わり、
もちろんそれはアルバム「Magic」の1曲目の「Introduction」そしてそのまま「DIVE」へ。1曲目からステージのフロントから花火が上がって興奮!
そして、稲葉さんの歌い出しと共に、バンドメンバーを乗せたステージが私たちに見えるように登場。
「DIVE」「Time Flies」と続き、両方ともすごく好きな曲だけど、最初はちょっと私の中がまだ恥ずかしがってて、コブシを振り上げるのも控えめ。

ここで「B'z のLIVE-GYMにようこそ!」
今回はどんな趣向があるのかな?と思っていたけど、
稲葉さんが「B'zの!」と何度も叫び、松本さんとその後を譲り合う仕草を繰り返して、じらされ、結局は稲葉さんが
「B'z のLIVE-GYMにようこそ!」
これを聞くと、始まったあ!って嬉しくなる。

MY LONELY TOWN」があって、その後はしっとりモードへ。
今夜月の見える丘に」「PRAY」「TIME」「TINY DROPS」「OCEAN」
どれもこれも美しい曲たち。
バックスクリーンの景色も美しかった。

LOVE PHANTOM」は、最初のストリングスの部分を松本さんがギターで弾いておられました。ほーって感じ。で、逆に通常ギターソロの部分がキーボードだったような
そしてアルバムのタイトルチューンの「MAGIC」
この曲はイントロのギターがカッコイイ。稲葉さんの10 Hole も。

Mayday!」からリズミカルなモードかな。
ここでステージが、なんと、ステージそのものが動きだし、アリーナの客席の上を通過していきます。ステージの床はスケルトンでステージの下にいたお客さんはメンバーを見上げることができると。
稲葉さんも、股の下を見上げられるのは初体験、とおっしゃってました。
噂には聞いてたけど、ステージそのものが動くなんて!!
アリーナの後ろまで届くと、ステージは下に降ります。
ドームの後方だった人たちが、いきなり前方になるという素敵な仕掛けです。
そのまま「love me, I love you
LIVE-GYMでは、いつも胸が詰まってしまう曲があるのですが、今回一番キタのがこの「love me, I love you」でした。

 モヤモヤしてるのがイヤならフトンを噛んで考えて
 なんかあいつに期待過剰なんじゃないの
 人の心はどうしても何か足りないけれど
 そこんとこ埋めるべきなのは
 恋人じゃない 親でもない ねぇ、そうでしょう

って歌いながら、うーーーーむ。。って思ってたのでした。
そして「ultra soul
この曲は、私の心を支える歌かな。もう、ずーっと携帯の着メロにしております。
もう、この頃になったら、訳の分からん状態になってましたねぇ。
で、「ultra soul」の歌の間にステージは再度メインの場所に戻っていきました。

その後は、Jazzicalなセッションが少し入って、「LOVE IS DEAD」
この曲も良かったなぁ。そして「Freedom Train」では、ステージのサイドの通路が持ち上がってきて、出てきたのは列車!なんとまぁ!

稲葉さんが「皆さん、自由、自由って言いますけど!」のところは拡声器を持って叫んでましたね。

この曲も、歌詞が良いんだ。
 引き返さない 急に止まれない
 We're on the Freedom Train 心決めたら
 純な想いだけ 燃やしながら
 You're on the Freedom Train 終点だけめざす
なんてね。

「IT'S SHOWTIME!!」では、キラキラ吹雪が吹き出たような。。
この歌はまさにLIVE-GYMの歌ですね。
「だれにも言えねぇ」
曲の途中で「だれにも言えねぇ井戸」ってのが出てきまして、稲葉さんが井戸をのぞき込んで、少しお話されました。
スクリーンは、井戸の水面に稲葉さんの顔が映っている設定でちゃんと水面が波打ったりするの。芸が細かい。

昨日はLIVE-GYMもなくて、時間があったからホテルのジムにトレーニングに行ったんです。 昨日は暑かったのでジムの中のクーラーがキンキンに効いていてクーラーが苦手な僕はインストラクターさんに
「クーラーを緩めませんか?」
と言ったら優しいインストラクターのお兄さんは快く緩めてくれました。
とっても心地よい状態でストレッチをしていたら、結構年配の常連っぽいオジサンが来て
「暑いんちゃう?」と言いました。
すると、やはり心優しいインストラクターのお兄さんはクーラーをキンキンに効かせ始めました。
だから僕はやむを得ず喉をタオルでぐるぐる巻きにしてストレッチをしました。
あの時、少しでも 「クーラーを緩めませんか?」 と言えなかった俺の弱虫!!

と、お話された後、また何事もなかったかのように曲に戻るという。。
続けて「MOVE」今回のLIVE-GYMで唯一、歌えなかったというか、あんまりよく知らない曲だった。

「愛のバクダン」では、どこからともなく会場にバクダン(大きな風船)が。
アリーナの人たち上であちこち動き回り、頭上で弾けると、中から色とりどりのハートの風船(ツアーロゴ入りです)が、どっさり出てきました。
その様子は、まーさーに
♪ 愛のバクダン もっとたくさん おっことしてくれ~
でございました。
そして本編最後は「long time no see」
コール&レスポンスをやって、稲葉さんの「大阪ステキ♡」が良かった。

メンバー紹介は、いつやったのだったかなぁ。
サポートメンバーの増田さんがお誕生日ということで、稲葉さんがすっごい早口で「Happy Birthday」を歌ったり、松本さんは珍しく?
大阪寄りのイントネーションで話していたり、リズム隊の外国人二人も日本語MCが増えてきた。それにしても、「もうかりまっか?」と言って「ボチボチでんな」と返させる外国人w 誰だ、教えたのw

アンコール待ちの時は、恒例のウェーブ。
なんとなく、あんまり盛り上がってなかったなぁ。
ちょとショボかったかも。

アンコールの1曲目は、「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
こんな曲が聴けるとは!
2曲目が、今回一番聴きたかった「イチブトゼンブ」
1コーラス目をバラードで歌った後、改めて最初から。
聴いていて、かなり胸がいっぱいになった。

終わったら、恒例の「せーの、おつかれ~!」
あぁ、終わってしまった、、と思う瞬間。
今回のツアーのテーマソング「ひとりじゃないから」が流れる中、稲葉さんと松本さんのご挨拶。最後までステキだった。。

ドームの規制退場で、外に出るまでしばらく時間がかかったのですが、外に出たら、一気に現実に戻っちゃう。。でした。
また次も行きたいな、LIVE-GYM

01:Introduction~DIVE
02:Time Flies
03:MY LONELY TOWN
04:今夜月の見える丘に
05:PRAY
06:TIME
07:TINY DROPS
08:OCEAN
09:LOVE PHANTOM
10:MAGIC
11:Mayday!
12:love me, I love you
13:ultra soul
14:LOVE IS DEAD
15:Freedom Train
16:IT'S SHOWTIME!!
17:だれにも言えねぇ
19:MOVE
18:愛のバクダン
20:long time no see

アンコール

21:愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
22:イチブトゼンブ-Ballad Version-~イチブトゼンブ
23:ひとりじゃないから ‐Theme Of LIVE-GYM