読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツレがうつになりまして

大阪ステーションシネマにて「ツレがうつになりまして」を鑑賞。

原作を読んだことがあるのですが、まずはキャストが良かったです。
ドラマ化された時、キャストを知って「あり得ない」と思って見ませんでしたから。
だって、藤原紀香がテンさんって、ちょっと違いすぎる。。
今回は、宮崎あおい堺雅人という、「篤姫」コンビ。
現代の夫婦になっても、ほんわか良い感じでした。

家族や親戚で、うつ病になった人は幸いにしていないけれど、知り合いには何人もいます。不治の病じゃないし、心や精神がヤワだからかかるものでもないし、そういうのが伝われば良いな、と思いながら見てました。

病気含め、アンラッキーなことは、なんでこんな時に、と、責めたり、自暴自棄になったり、いろいろありますが、病気になった原因を見つけるんじゃなくて、病気になった意味を考えようと思う、と言ったハルさんにホッとしました。

療養中は、本当に大変だったろうけど、それを通じて人間として成長し、本当の夫婦になれた、というか、夫婦の絆が深まった姿を見て、じんわり。
病気が理由でダメになる夫婦だっているでしょうから。

パンフの一番最後のページにあった

晴れた日も、
曇った日も、
笑った日も、
泣いた日も、
健やかなる時も、
病める時も、
キミと一緒にいたい。

という言葉にジーンとしました。

そう思える男性と巡り会いたいですね。

見終わったら、気持ちがホッコリできる映画です。
そうそう、ちゃんとイグアナのイグが出てきます。
イグアナって、かわいいかも、と、見ながら思いました。

私も、精神的にも肉体的にも、かなりギリギリな状況なんですけど、会社よりも自分大事でいかんとなぁ、と。