読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性専用車両にて

女性専用車両に乗ると緊張する。
普段は乗らないけど、たまに乗る。
今日は、その「たまに」の日だった。
21時前にいつも利用する入り口では駅の売店が閉まるので、21時過ぎでも開いてる側の入り口まで行ってLマガを買った。ホームのいつもの場所まで歩くのが面倒だったので、途中の「女性専用車両」から乗ることにした。

電車がやってきた。
かなり空いている。

。。。やっぱりオジサンが乗っていた。。。

気がついていないのか、
分かっていてわざと乗っているのか、
女性に囲まれたいのか、
それは分からない。

女性専用車両にもかかわらず、男性の姿を見ると、いつも以上に緊張してしまう。
その男性の一挙手一投足を観察してしまう。
いつもなら地下鉄に乗ったら終点まで熟睡の私が眠れない。
一駅毎に見てしまう。

今宵は座っている私の隣に立っていたおじさん、席が空くやいなや座って携帯をずっと眺めている。そこは私の正面。観察してくれといわんばかりだ。

確信犯か?

車内は女の子で埋め尽くされていく。
でも、彼は気にしないで携帯の画面を眺め続ける。
そして、誰も彼の存在をとがめない。

いつだったか、2回ほどおばさんが
「ここ、女性専用車両ですよ!」
と男性に声をかけているところを目にしたことがある。
その時の男性は、真剣に気づいていなかったようだった。
次の駅でそそくさと降りていった。

女性専用車両で男性を見かけると、正直むかむかする。
うっかり乗り込んでしまった人は仕方ない。
そういう人は見ていて気の毒なくらいビクビクしていて、
次の駅につくとダッシュで降りていく。

確信犯か単に気づかないだけなのか、
しっかりと座り込んでいる男性を見るとむかつく。
そんな時、いつも

いや〜、この人、実は男装してるだけで女性やねん

とか、

この人ね〜、見かけは男なんやけど心は女なんよ

などと声を大にして言いたくなる。

いつの日か言ってしまうかもしれない。だから、ラッシュの時間帯とかじゃない限り、なるべく女性専用車両には乗らないようにしています。

それにしても、若い男性が女性専用車両に乗っているのは見たことありません。
多分、いるだろうけど。