読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めてのお見合い(その3)

お見合い

自分たちの意志不在で決まった見合いとて、決まってしまったものは仕方ない。
日本だと親なりが娘、もしくは息子を会場まで
拉致っていくことも可能だけど、ここはアメリカ。
両親も仲人不在で自分たちで会う日取りも決めることになった。
今考えたら、よく二人で取り決めしたと思います。

彼が私に段取りを決めるための電話をかけてきた。
お互いに、親が勝手に決めたものだから、仕方ないねぇ、といったノリで、

冬のシカゴは寒すぎるからサンフランシスコで会いましょう

ということになった。
平日はお互いに仕事や学業で忙しいので、週末、それも長期の休みの時に、ということで11月末の感謝祭の休暇の時に彼が私の住む西海岸までやってくることになった。
シカゴとサンフランシスコは、同じ国内だけど時差が2時間もあるのです。

相手はサンフランシスコに来たことがなくて、
逆に私はシカゴに行ったことがあったので、
私の知っているシカゴの話をしたり、

冬のシカゴって映画「あなたが眠っている間に」のまんまですか?

なんて質問してみたり、電話での会話もスムーズでこの人となら会っても大丈夫と思えたのです。