読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

→Pia-no-jaC← Swing Pacchin Tour 2015 @NHK大阪ホール

今年も→Pia-no-jaC←のライブに家族で参戦してきました。(今年も、ってことは去年も参戦しているのですが、そういやライブレポは書いてませんでした。)

私達家族にとって、→Pia-no-jaC←と言えば、夫婦になるの縁をいただいたキッカケですしね。息子は、おなかの中で2回、生まれてからインストアを2回、フルのライブも今回で2回目という、2歳児にして4回目(6回目か?)のライブ参戦で、立派なJackerです。
ブログを書く余裕がないままきてしまいましたが、11月末にあったなんばパークスでのインストアイベントも家族で観に行って、息子と私はHAYATOとHIROと握手してもらってます。その時、まだチケットも買ってなかったのに「3月の大阪公演は家族で見に行きます」なんて2人に言ったのですが、ちゃんと有言実行です。

ファンクラブに入っているから良い席も取れるのだけど、息子のことを考えると前の方ってわけにいかないので、後ろの方で、外に出やすい通路側の席を購入しました。私達の席の近くは、そういうお客さんが多かったのか、親子連れが結構いました。ライブを着席で観てる人たちが大半で、ノリノリで楽しみたい人たちにはちょっと辛い場所だったと思います。

息子はその日の午後、昼寝もせずにダンナ氏に連れまわされていたため、ライブが始まったら寝てしまいました。大きな音が鳴っていても眠れるものですね。息子の場合、胎教代わりにずっと聴いてたから子守唄になりやすいのかも?

スウィングしなけりゃ意味ないぜ!と、いつも通りのテーマ曲「Let's go→PJ←」でHAYATOは、赤いトイピアノ、HIROは、リンゴをかじりながら登場しました。
今回は、→Pia-no-jaC←がNYから日本公演でやってきた、という設定のようでした。HIROが、伊丹空港から会場に直行じゃなくて地元のひらぱーに寄ってしまったから大遅刻した、なんて言ってましたか。

セットリストは、私のメモと他の地域でのライブのレポから拾っているので、多分、って感じです。ツアータイトルは「Swing Pacchin」だけど、「Eat a Classic 5」を引っさげてのツアーなので、クラシックの曲がメインでしたね。クラシックと言っても、→Pia-no-jaC←の手にかかると別物になってしまうのですが。

G線上のアリア
美しく青きドナウ
いつもの手拍子に「パッチン」が入り、今回のツアー仕様になってました。
ジ・エンターテイナー

ここでHIROが良いライブになりますようにと祝詞をあげてました。

トルコ行進曲
グリーンスリーブス

ここでHIROがMCもどきというか、NYから凱旋してきたというネタをしてまして、彼女が「難波で一番」は、「ナンバーワン」にひっかかっていたというオチでした。
ちゃんと話がオチで良かったと思いました(笑)話がオチなくて困ってるライブも過去にありましたし(笑)

ハンガリー舞曲
ラデツキー行進曲

ここでToday's Swing
スタッフの人が曲目の書かれたボールの入っているカホン型ボックスを持ってステージに出てきます。
客席から指名されたお客さんが引いたボールに書かれている曲をSwingにして演奏するという演出です。

今回の選曲は、組曲『』
Swingにするには厳しいなぁ、と思っていたけど、最初はメロウに始めて、途中からしっかりと見事にSwingでした。

ここで前半終わり、後半は乗せまくり曲の連続でした。

台風
残月
アイネクライネ
METROPOLIS
Jack
ハッピーバースデー

ここで本編終了。

アンコールでは、Twitterで宣言されていた新曲からスタート。
なかなか素敵な曲でした。曲のタイトルはまだ未定なのだそうです。

続けて「第9番
新曲が終わって拍手が落ち着いたら「スリー、フォー」と入る予定が、拍手が落ち着かないものだから、暗闇の中で「いつ?いつ?」みたいな状況になってしまったそうです。
この曲は、タオルまわしがありました。息子はタオルは持ってなかったけど、自分の手を回して喜んでました。

ジムノペディ

オーラスは「PEACE
いつからか、この曲を聴くとライブ終わるなって感じるようになりました。最後は皆でピース!

演奏の後はいつも通りの曲(誰のなんていう曲か知らないんだけど)で2人の挨拶があっておしまい。2人が交互にステージの下手、上手に来て挨拶してくれます。最後は皆で手をつないで一体感!→Pia-no-jaC←のライブでいいなぁ、と思える瞬間が最後の最後まであるのが素敵です。

去年はダンナ氏が息子を抱っこして手を振ってたら、HAYATOが指差しをしてくれたんだっけな、なんて思い出しておりました。

おおよそ2時間半のライブでしたが、息子は最初の1時間ほど寝てました。子どもの集中力からいうと、1時間弱が限度かなぁって感じでした。MCが入るとリセットされてOKになるみたい。息子を見ていると、自発的に手を叩いたりして楽しんでるようでした。ちゃんとリズムにのって拍子もとれるんですよね。周りのお子さんも、ステージに魅入って夢中で手拍子してましたよ。

基本、親子コンサートみたいなのでなければ子連れで行くつもりはないのですが、→Pia-no-jaC←に関しては、未就学児でも入場OKですし、お子さん連れの人も結構おられるので、迷惑のかからないような席を指定して、今後も機会があれば家族で参戦したいな、と思っている次第。