読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幼児科スタート

息子の習い事であるヤマハ音楽教室で5月から幼児科がスタートしました。

これまでは、レッスンのある日に行って楽しく歌を歌ったり、エレクトーンを触ったりするだけで良かったのが、一気に「お稽古事」に変化しました。

これまでは、2人だけのクラスでのんびりしていたのが、新しい子が3人加わって合計5人。持ち上がりで同じ先生なのだけど、新入りちゃんの方が多くてクラスの雰囲気が緊張気味でした。

2歳からヤマハ音楽教室に通って、幼稚園に入ってからは私のハーモニカのレッスンにも連れて行っており、音感やリズム感は良さそうなのですが、いかんせん自由人なので、レッスンについていけるのかな。。という心配が少しあります。息子以外は女の子ばっかりで、女の子はなんだかんだいって、しっかりしてるんですよね。男の子の母は、そのしっかりしてる様に圧倒されてしまいます。

宿題もありますし、毎日5分でいいから復習しましょうね、ということで、どういう風に息子とやっていけるかなぁ、と思っています。保護者向けのパンフレットを見ていたら、私は子どものやる気を削いでしまうNGパターンをついついやってしまいそうで。。

悩み事は、鍵盤ですね。できることなら電子ピアノ、いや、本当の本当はアップライトの本物のピアノが欲しい。でも、置場がない。置場に余裕がある家なら、息子の幼児科進級を機会に悩むことなく電子ピアノを買ってたと思います。息子が今後もしっかりと続けてくれるのなら、なんとか置場を捻出して買ってもいいけど、どうなるやら、、

という訳で、当面は手持ちのCASIOのキーボードでしのごうかと思っております。今の家に引っ越してから一度も出したことがなくて、ダンナ氏が「そんなのあるの、知らんかった」と言われましたよ。

いろいろ調べていて、KORGのmicroPIANOが欲しくなってしまいました。実物を見てないから、実物を見たら気が変わるかもなんですが。

www.korg.com

とりあえず、実家の母に(近所に住まいがありますので)
「あのー、そちらに新しいピアノを置いてもらえまいか。。」
と頼んでみようかと思ったり。
母に頼むとKAWAIのピアノになるのですけど、私はメーカーにこだわりは特にありませんし。

と、幼児科スタートにあたり、いろいろと思いを巡らせているのであります。

携帯電話の機種変更

かれこれ3ヶ月ほど前になってしまいましたが、携帯電話の機種変更をしました。

私は7年物のガラケーを使っておりましたが、どんどんガラケーwebサービスが終了してしまい、不便さを感じるようになってきました。前回、電池を購入した時、すでに在庫わずかになっていたので、次に電池が悪くなったら、新しいものは買えないでしょうし。(もはや新しい電池に交換ができないという理由で、実家の母は渋々、10年物のガラケースマホに変更しております。)

本来なら、ガラケーからスマホに機種変するのが筋なのでしょうが、私はスマホにしたくなかったので、ギリギリのところで「ガラホ」にしてみました。見た目はガラケーですが、中身はアンドロイドなので、アンドロイド携帯というのが実際でしょうか。でも、アンドロイドのスマホと一緒ではなく、すこーしアンドロイドの機能が使えるって感じです。

私にとって一番良かったのは、ガラホはWi-Fiが使えることですね。自宅はWi-Fiありますし、モバイルもWi-Fiを持っているので、通信費が減らせるなと。

貯めこんだポイントだの、長期間ガラケーユーザーだったのでガラホへの機種変に割引があったりで、少しお得に機種変更をすることができました。

期待しておらず良かったことは、音声がクリアになったことです。ダンナ氏からの電話がこれまで良く聞こえなかったのですが、とても良く聞こえるようになりました。iPhoneからガラケーの帯域が悪かったのかしら。

ガラホにしても、外ではもはやネットで何かを見ることがほとんどなくなったので、利用料が5千円程度減りました。これは大きいですねぇ。

それから、着信音を星野源の「恋」と「SUN」にしたのです。前にも書きましたが、いろいろ調べるのが面倒で、とりあえず流行ってるし、嫌いじゃないからという理由でした。そうしたら、息子がこの着メロをキッカケに星野源にドはまりしてしまうという結果を生みました。

そんなこんなで見た目はガラケーのガラホを使っております。ガラホは、LINEもできるのですが、iPadで使うようにしています。LINEも幼稚園の連絡網の都合、使いませんというのは厳しくてですね、幼稚園の連絡のみ、使うようになりましたですよ。

PTA委員決め

息子の幼稚園のPTA委員の選出がありました。
小さい幼稚園ですので、3年間何もしないで済む、ってことはありません。
今年は未就園児を二人以上抱えている人と妊婦さんはPTA委員免除だけど、来年は委員数も増えるので掛け持ちも必要となってくるから免除なし、となりました。

事前に希望調査があったのですが、保護者が集まって、その現場で手を挙げる立候補制で決めました。私もちゃんと立候補しましたよ。

もっと皆、消極的な感じかと思っていたけれど、パパッと手があがって、もめることもなく決まりました。特に上にお子さんがいる方は積極的。積極的というか、恐らく、人数が少ない地域でしたから、PTAやって当たり前、という感覚なのでしょうねぇ。これからは、タワマンがいくつもできて、人数が増えるから意識が変わってくるのかもしれないですが。

主婦休み

連休が終わって、ダンナ氏が会社へ、息子が幼稚園へ。
私はやっと、一息つきました。
疲れが出て、なーんにもできなかったです。

幼稚園でも、未就園児がいるお母さんはともかく、そうじゃないお母さんたちは、ふーっと一息ついた人が多かったようでした。連休って、主婦には仕事が増えるだけ、みたいなところありますしね。

とりあえず、今週末の母の日のプレゼントの手配だけはちゃんとしました。あとは、明日から頑張る♪ ということで。

と言っても、主婦業をさぼりまくった訳でもなく、ご飯も作ったし、掃除洗濯もしております。。

身体メンテナンス連休

今日で連休が終わります。主婦としては、ホッとしますねぇ。ダンナ氏はともかく、息子は幼稚園が始まるのをワクワクしながら待っているようです。

今回は五連休だったのですが、垂水に行った以外は近所におりました。

ダンナ氏には、ジムの体験レッスンに行ってもらったり、私は私でセルフケアの講座に行ったり、身体メンテナンスに勤しんでおりました。

最終日は、二人でとあるウォーキング法の体験レッスンへ。ジムで身体を動かすだけじゃなく、有酸素運動も必要よね、と私が勝手に申し込みました。ダンナ氏は、ブーブー文句を言ってましたが、男の人は理屈が分かればヤル気になるだろうと、とりあえず連れて行ったら、私も思うツボにはまりました。

ダンナ氏も私も、かーなーりー贅沢なお肉が身体につきすぎましてね。歳も歳なので、健康のためにも意識して体を動かしていかないと。

というわけで、運動をするというキッカケを連休中にいくつか作りました。キッカケだけで終わらず、半年後には少しは体重はともかく、体型が良くなってますように。

 

中之島公園のバラ

明日で連休が終了ですね。天気予報通り、午後からは少し雨が降りましたが、午前中に息子と一緒に中之島公園へ遊びに行きました。

連日、中之島まつりに出かけていたので、私が何度か説明したけれど、おまつりが終わったことに納得できなかった息子。公園について
「ほんまや、おまつりおわってる。。」
と、やっと納得でいたようでした。

お祭りは終わりましたが、今はバラの見ごろが始まっています。品種によっては開花もこれからで、満開はまだ少し先という感じではありますが、そこそこ咲きそろってきています。

f:id:Emmery:20170506210351j:plain

どうして同じ株なのに、赤や黄色と違う色のバラが咲くのかな、、とか。

f:id:Emmery:20170506210401j:plain

まるでセピア色の写真の中のようなバラだけど、補正なしです。

f:id:Emmery:20170506210413j:plain

同じバラでもシンプルなものもあり。

バラ園は、ほんのりとバラの香りが漂っていて、癒されます。。

子どもの日のおでかけ

子どもの日は、家族で垂水へ。

アウトレットでお昼ご飯を食べたら、息子のリクエストによりミニエクスプレス。

他にもいっぱい子どもにとっては魅力的な乗り物や遊び場があって、出費を覚悟してましたが、リクエストはこれだけでした。

f:id:Emmery:20170505210545j:plain

というのも、今回の目的は海で遊ぶこと。

アウトレットを抜けて海岸へ。
今日は良い天気で、すっかり日焼けをしてしまいました。

f:id:Emmery:20170505211009j:plain

息子は大喜びで1時間半ほど波打ち際で遊びました。
上から下まで息子の着替えを準備していきましたので、どんなにびしょ濡れになっても大丈夫。下半身はずぶ濡れになってましたねぇ。

海水はまだ冷たくて、私は砂浜と波打ち際を歩き回っていました。おかげで、足のかかとがツルツルになりましたよ。

なかなか帰りたがらないので、最終兵器で息子に腕時計をつけて、
「何時に遊ぶのを終わる?」
と時間を決めてもらって、遊びを終了しました。

本当は、アウトレットでお買い物もしたかったのですが、海で遊んだらもうグッタリで、そのまま電車に乗って帰ってきました。体力が本当に足りないです。

とりあえず、息子が大喜びしてくれたので、良かった、ということで。